変えられない他人や過去のことに、気がつけばいつも悩んでいませんか?

壁際で考え事をしている女性

他人と過去のことに悩み過ぎて、苦しくなっていませんか?


「あの人の性格の悪さ、何とかならないのかしら」「私はなぜあのときに、あんなことを言ってしまったのだろう」というように、人はとかく他人や過去のことをクヨクヨ悩みがちになるものです。

こうした悩みを抱える方に、私がカウンセリングでよくお伝えする格言があります。それは「他人と過去は変えられない。変えられるのは自分と未来」という言葉です。

「相手に変わってほしい」といくら働きかけても、こちらの思惑通りに相手が変わってくれるとは限りません。なぜなら、「相手の気持ちは相手のもの」だから。本人が「たしかにそうだよな」「やってみようかな」と納得すれば、変わってくれることもあるかもしれません。しかし、どんなに精魂込めて伝えたところで、100%こちらの思い通りに相手が変わってくれるとは限らないのです。

過去のことも同様です。育ってきた環境やたどってきた歴史、他人に伝えた言葉、あらゆる失敗、壊れてしまった関係など、「どうして、こんなことになってしまったのか」「なぜあのとき、こうしなかったのか」といくら悩んでみても、過去の事実がなくなるわけでも、変わるわけでもないのです。では、どうしたらよいのでしょう?
 

「自分」を変えるには、考え方のクセを変える

変えられるのは「自分」と「未来」

うまくいかないのは、自分の考え方のクセに問題があるのかも?


変えられない他人や過去に執着するより、変えることのできる「自分」と「未来」へのアプローチに注力していくこと。その方が何倍も合理的で効果的です。では、どのように変えていけばいいのでしょう?

まず「自分」を変えるには、自分自身の「考え方」のクセに気づくこと。そのクセがストレスを招きやすいものであれば、「認知療法」で修正するのがお勧めです。

普段、ご自身が無意識のうちに選択している考え方のクセを考えてみましょう。たとえば、物事を「○か×か」と二極化して考えたり、一時の感情にとらわれて「いつも失敗する運命なんだ」と決めつけてしまうことが多くありませんか?

こうした考え方を「認知のゆがみ」と呼び、代表的なゆがみには10のパターンがあります。具体的には、「ストレス思考10パターン」をチェック!という記事で解説していますので、ぜひご自分の考え方に近いものがあるかどうか、検討してみてください。

これらの認知にとらわれたときに、「この考え方は、本当に現実的で合理的な答えなのだろうか?」と考え直してみること。これが「認知療法」です。

たとえば、「このテストに受からなければ、私の人生は負け組だ…」といった考えに襲われた時、認知のゆがみの何番に近いのかを検討してみます。そのそのゆがみに気づいたら、現実的で合理的な考え方に修正していきます。

「本当にテストに不合格になっただけで、負け組の人生になるの? 人生は何度でもやり直せるものだ」というように、その都度、自分に問いかけていきます。
 

「未来」を変えるには、行動を変えていく

ジャンプするビジネスマン

未来を変えるには、「小さな変化」を積み重ねること。うまくいっていることを続ける、うまくいかなければ違うことをする


では「未来」の方は、どのように変えていけばいいのでしょう? 1960年代頃からアメリカを中心に発展してきた心理療法の一つに「ブリーフセラピー」(短期療法)という方法があります。この療法の中心哲学である3つのルールに、未来を変えるヒントがあります。

【ルール1】今やっていることがうまくいっているなら、変えなくていい
【ルール2】一度やってうまくいったことは、繰り返していこう
【ルール3】うまくいっていないなら、違うことをやってみよう


とてもシンプルなルールですよね。自分の「行動」を変えれば、未来は変わります。一度やってうまくいったなら、次もその方法でやってみることです。うまくいったことを何度も続けているうちに、自分の得意分野ができてきます。そうした経験の繰り返しが、過去の失敗にとらわれず自分に自信をもつための秘訣です。

逆に、うまくいかないなら他のことを試してみることです。うまくいかないことに、いつまでも執着することはありません。自分に合うものなら時間も忘れて没頭でき、合わないことより何倍もの速さで、取り組むことができます。

繰り返しますが、「他人」と「過去」は変えられません。変えられるのは「自分」と「未来」です。自分がよりよく変われば、他人も自分に影響されてよりよく変わっていく、そうした例を私はたくさん見てきました。未来がよりよいものになれば、過去に対する思い(くやしさ、後悔など)も変わります。「嫌な思い出も、すべてが現在への肥やしになっている」と思えるものです。

ぜひ、変えられない「他人」と「過去」に悩むより、「自分」と「未来」をどう変えていくかに意識を向けていきましょう。すると、悩み続けている現在より、何倍もよい変化が現れると思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項