ごつい背中とはおさらば!「バックエクササイズ」で綺麗な背中に

ごつい背中を綺麗にするエクササイズとは

背中肉は年齢を感じさせ、ムダ毛は美意識の低さを露出します。「背中は物言わずとも、多くを語る」ならば綺麗に磨いてどんどん語ってもらいましょう!

あなたの後ろ姿は、美しいですか? 姿勢も勿論大切ですが、背中にムダ肉がないか? ムダ毛がないか? ケアは施されていますか?

背中は、英語で言えばBack。つまり後ろになるので、本人は気が抜けがちですが、他人からしたら、じっくり観察できる部位です。

最近では露出度もアップしているので、背中が大きく開いたカットソーやリゾートワンピで背中を大胆に披露している人も多いですよね。

男性は「おお~セクシー!」で終わっても、女性は違います! 穴が開くほど見ています。という訳で、背中は胸よりもある意味隠せないと肝に銘じて、今日から綺麗な背中作りを始めましょう。
   

エクササイズ1.気持ちいいから続けられる!

このストレッチ・エクササイズは、椅子に座ったままできるので、手軽にチャレンジできます。腕の動きや肩甲骨の動きをサポートする僧帽筋(そうぼうきん)を使うこのエクササイズは、猫背姿勢の多い女性にとって効果があります。

なぜなら、猫背姿勢だと肩が丸まり、胸が閉じてしまうので、胸筋が衰えてしまい貧乳街道をひた走ることにもなりかねません。そこで、僧帽筋をしっかり使い背中をスッキリ引き締め、バストアップ効果も狙っていきましょう。

週3~4回×3週間の実践で、全身のラインが変わってきますから気長にトライしてみて下さい。

1.椅子に浅く腰掛けます。
動作1

動作1

2.お尻を椅子から離し、手の指は正面に向け、椅子の縁に手を置きます。肩の真下に手首がくるように、また、膝の角度が約90度になるように足を一歩前に出します。
動作2

動作2

3.お腹、胸を前に押し出しながら、両膝を伸ばします。肩甲骨で胸の前を押し出すように、背筋でお腹を前に押し出す意識で背中が丸まらないように注意しましょう。
動作3

動作3

目線は自然に前に向けるか、天井方向に向けられる人は喉も伸ばしましょう。そのまま10秒ほどキープしましょう。
 

エクササイズ2.背中はもちろん、二の腕やお腹周りの引き締め効果も

この動作も簡単にできるので、ぜひ気軽にチャレンジしてください。とは言え、その効果は、背中は勿論ですが、二の腕やお腹周りの引き締め効果も期待出来ます。

この動きのポイントは、腰を深く下ろし、天井方向に伸ばす腕を押し上げ、僧帽筋を刺激することです。ぜひ、どこの筋肉を使っているのか?意識しながら動作してみて下さいね。意識することで、得られる効果は大きく変わってくるはずです。

1. 足を肩幅位に開き、軽く膝を曲げます。両手は胸の前に伸ばします。
動作1

動作1

2. 息を吐きながら、そのまま右手で左すねをタッチし、右手は天井方向に伸ばします。この時、腰が反りすぎたり丸まりすぎたりしないように意識しましょう。また、膝がつま先よりも前に出ないように注意しましょう。
動作2

動作2

3.息を吸いながら、正面に戻り、反対側も同様に動作しましょう。1-3の動作を呼吸に合わせゆっくりと15回を2セットを目安にしましょう。
動作3

動作3

 

エクササイズ3.体幹を使ってパーフェクトな後ろ姿に

この動作は、はっきり言ってハードです。体幹(胴体部分)を使わないと支えている肘はものすごく痛いですし、バランスを取るのも難しいです。しかしながら、3回でも正確に動作すれば、ムダ肉はすぐ落ちますし、姿勢もよくなります。つまり、どんな雑多な場所にいても、あなたは目立ってしまうのです。今のボディラインのその上を行きたい女子は、ぜひチャレンジしてみて下さい。

1. 正座姿勢からお尻を右側床におろします。
動作1

動作1

2.そのまま右腰を床につけ、右肘を肩の真下に置きます。両足をまっすぐ伸ばしたら、左手指先を左耳に手を添えます。
動作2

動作2

右肘の位置や指先の向き、両かかとをつけるなど、基本になるポーズなので、丁寧に正確に真似をしてください。

3.息を吐きながら、右腰を床から離します。この時、お尻が後ろに落ちたりしないように、背骨はまっすぐ伸びるように意識してください。
動作3

動作3

4.そのまま左肘を前の床に近づけます。
動作4

動作4

3-4の動作をゆっくり3回を目安に動作したら、反対側も同様にチャレンジしてください。慣れてきた人は、3回を2セット、3セットと徐々に増やしてみて下さい。
 
いかがですか? 背中が綺麗な女性は、前側のバストラインも綺麗であることが多いです。美ボディを作るには、自分の体を3Dで捉えて観ることが大切。ぜひ、毎日のボディチェックも裏側などケアしにくいところまで、目を配ってみて下さい。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。