インナーステイブがもたらす深い味わい

インナーステイブの様子

インナーステイブの様子

つづけざまに6月24日新発売の「ラフロイグ セレクトカスク」、そして「ボウモア スモールバッチ」のシングルモルトを紹介した。今回はすでに発売されているプレミアムバーボンウイスキーのお話である。
「メーカーズマーク46」は4月15日に新発売された。“より甘く、深い味わいのプレミアムなメーカーズマーク”と謳っている。
スタンダードな製品に関しては、「メーカーズマーク/プレミアムバーボンの証」を参考にしていただき、ここでは「46」の製品特性を述べる。
この「46」は、最低6度の夏を超したメーカーズマーク原酒熟成樽のなかに、さらに“インナーステイブ”と呼ぶフレンチオークの側板を10枚沈めるといった特殊な熟成法をおこなって誕生したものだ。“インナーステイブ”での熟成期間は冬の約3ヵ月間。後熟的なものだが、この期間にフレンチオーク材の香味特性を馴染ませていく。
バーボン樽に使用されるホワイトオークであるアメリカンオークと、ワイン樽に使われるフレンチオークの香味特性を簡単に説明しよう。
香りやフレーバーはアメリカンオークのほうがずっと強くでてくる。これはラクトンという成分が多く含まれており、強いココナッツ様の甘い香りを生む要因となっている。
一方、フレンチオークはフェノール含有量やヴァニリン含有量がアメリカンオークよりも多いことが知られている。
「46」は、特性の異なるふたつのオーク材の成分の溶出によって、より甘く、深く、まろやかなリッチさを生んでいるのだ。
さて、「46」という数字が気になるであろう。わたしも気になった。フレンチオークをトーストした際のオーダー番号で、46番目のものが最も適した結果をもたらし、採用したからだそうだ。
ストレートでスーッと口中をしなやかに滑るが、オン・ザ・ロックの氷に冷やされた感覚もまたいい。深いウッディネスと甘いキャラメル、そして複雑でリッチな香味を抱いている。余韻もスムーズで長い。
是非、一度お試しいただきたい。

メーカーズマーク46

メーカーズマーク46

Maker’s Mark 46
750ml/47%/¥4,800(希望小売価格/税抜き)
色     深みのある琥珀色
香り    リッチで甘い香り・キャラメル・ウッディネス
味わい   厚みのあるリッチな味わい
オーク樽、キャラメル、バニラのニュアンスが調和
余韻    長くスムーズな余韻がつづく

関連記事

メーカーズマーク/プレミアムバーボンの証
ジムビーム/バーボン、偉大なる血族の記録
ボウモア スモールバッチ6/24新発売
ラフロイグ セレクトカスク6/24新発売
オーヘントッシャン アメリカンオーク新発売2/25
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。