スペアリブのクリスマスワンプレートの献立と段取り

スペアリブのクリスマスワンプレート

平日夜のディナーでも無理なく帰宅後30分以内にできる豪華なワンプレート

仕事から帰ってクリスマスのディナーを用意するとなると大変ですが、いつもどおりのご飯というのもちょっと寂しいもの。そこで今回は、帰宅後30分以内に用意できるワンプレートディナーの献立と段取りをご提案します。赤や緑の食材を多く使ってクリスマスらしく、簡単でも華やかで豪華なワンプレートです。

「こんなに作るの大変じゃない!?」と思うかもしれないですが、無理なく短時間で仕上げるポイントは前日もしくは当日朝に下準備をきっちりしておくこと。とはいえ、下準備も15分以内にできる作業です。では、詳しく段取りをご説明していきましょう。

■レシピはこちら!
スペアリブのオリエンタル焼
サーモンのコンソメジュレサラダ
アボカドチーズリゾット
ごろごろカボチャのレンチンスープ
   

スペアリブのクリスマスワンプレートの段取り

スペアリブのクリスマスワンプレートの段取り

スペアリブのクリスマスワンプレートの段取り

下準備15分+夕方30分の支度でできるワンプレートの段取りです。

前日もしくは朝のうちに「スペアリブのオリエンタル焼」をたれに漬けこみ、「サーモンのコンソメジュレサラダ」をゼリー状になるよう冷蔵庫で冷やしておきます。これでスペアリブは焼くだけ、ジュレサラダは盛りつけるだけの状態になるので、あとは簡単です。
夕方はまずスペアリブを焼き始めてから、「アボカドチーズリゾット」に取りかかります。スペアリブの焼け具合と、リゾットの煮込み具合を時々確認しながら、「ごろごろカボチャのレンチンスープ」を作ります。

クリスマスディナーなので、盛りつけやテーブルコーディネートにも凝りたいもの。たっぷりと10分間の時間を取ってあります。大きなお皿の上に小さな器で並べると、おもてなし感がアップします。
 

スペアリブのクリスマスワンプレートの献立

■スペアリブのオリエンタル焼
スペアリブのオリエンタル焼

和にも洋にも。お酒に合う甘辛味

漬けこんだら、あとは焼くだけ。簡単なのに豪華に見えるスペアリブ料理です。おもてなしのメインに。
 
■サーモンのコンソメジュレサラダ
カラフルな食材をジュレで閉じ込めて

サーモンのコンソメジュレサラダ

コンソメスープとともに、サーモンや野菜を一緒にゼラチンで固めたジュレサラダ。見た目の華やかさがクリスマスにぴったりの前菜です。
 
■アボカドチーズリゾット
アボカドチーズリゾット

アルデンテの本格派リゾット

アボカドのキレイな緑色が美しいリゾット。生米から炒めてアルデンテで仕上げて。とろりチーズが糸を引く濃厚な美味しさです。
 
■ごろごろカボチャのレンチンスープ
ごろごろカボチャのレンチンスープ

ほくほく食感をあえて残す

なめらかなカボチャスープも美味しいけれど、あえてごろごろの食感を楽しみたいスープ。一人分から作りやすい電子レンジレシピです。
 

スペアリブのクリスマスワンプレートにかかった費用

■スペアリブのオリエンタル焼
スペアリブ(6本) 678円
あさつき(3~4本) 9円
生姜(1片) 15円
ニンニク(1片) 3円
(小計)705円

■サーモンのコンソメジュレサラダ
サーモン(刺身用・20g) 104円
きゅうり(1/4本) 16円
パプリカ(赤・1/8個) 12円
パプリカ(黄・1/8個) 12円
粉ゼラチン(5g) 32円
コンソメ(1/2個) 6円
(小計)182円

■アボカドチーズリゾット
アボカド(1/2個) 49円
とろけるチーズ(40g) 77円
玉ねぎ(1/2個) 26円
ニンニク(1片) 3円
コンソメ(1個) 12円
(小計)167円

■ごろごろカボチャのレンチンスープ
かぼちゃ(1/8個) 49円
牛乳(200ml) 35円
コンソメ(1個) 12円
(小計)96円

■スペアリブのクリスマスワンプレート
合計 1,150円(一人当たり 575円)

※調味料と米の費用は、計算に含まれていません。
※実際にガイドが購入した時点での費用で計算しています。材料の値段は時期や地域、店舗によって異なりますので、あくまでも目安としてください。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。