作り置きして、あと一品に。キノコの三杯酢

所要時間:10分

カテゴリー:サブのおかず酢の物

 

作り置き可能。常備菜におすすめ

スーパーで見かけるキノコは人工栽培のため、一年中出回っていますが、旬といえば秋をイメージするもの。この時期にはキノコをたっぷりと食べたくなります。

焼いても、揚げても、煮ても、炒めても美味しいキノコですが、今回はさっと茹でて酢の物でいただきます。冷蔵庫で1週間ほど保存ができますので、たっぷり作って常備菜とすれば、あと一品ほしいときにさっと出すことができます。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『鮭のキムチーズ焼き定食(朝10分+夕15分)』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

キノコの三杯酢の材料(作りやすい分量

キノコの三杯酢の材料
しめじ (ぶなしめじ)1パック
まいたけ 1パック
えのき 1パック
大さじ2
砂糖 大さじ1
小さじ1/2
醤油 少々

キノコの三杯酢の作り方・手順

キノコの三杯酢の作り方

1:キノコをほぐす

キノコをほぐす
ぶなしめじは石づきをとり、ほぐします。えのきも石づきをとり、半分の長さに切って、ほぐします。舞茸もほぐします。

2:キノコを茹でる

キノコを茹でる
沸騰したお湯で、キノコをさっと茹でます。水気を切っておきます。

3:和える

酢、砂糖、塩、醤油を混ぜ合わせ、きのこを加えて、和えます。

ガイドのワンポイントアドバイス

しいたけ、エリンギ、なめこなど、お好みのキノコで作ってください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。