30秒冷えとりダイエットでスッキリ小尻&ヒップアップ

ヒップは、大きさやたるみ、セルライトなどにより、とても形が変化しやすく崩れやすいパーツです。普段じっくり見ることができない部位だけに、気づいた時には既に、「太ももとお尻の境目がない!」という事態に陥りがち。

女性らしいふくらみがあるパーツだけに、崩れやすいということは皆さんよくお分かりだと思いますが、ヒップを支える筋肉の衰えの他に、 “骨盤のゆがみ” や “姿勢の悪さ” も、ヒップが垂れることと関係が深いのです。

そんな垂れたお尻の悩みを解決するのが、これから紹介する “ヒップアップ・上向き小尻編” です。 まずは 『崩れ尻』 になってしまう原因と改善方法を確認しておきましょう。

形が美しく持ち上がったヒップになると、脚が長く見えボディーライン全体の印象が断然違います!毎日の30秒で見た目の印象をグッと変えていきましょう!

関連記事:30秒冷えとりダイエット:30秒基本エクササイズ編



どうすれば丸く、キュっと上がったお尻になる?

“30秒冷えとりダイエット!ヒップアップ・上向き小尻編” をご紹介する前に、あなたのヒップタイプと、改善方法を理解しましょう。日本人女性のヒップ の悩みは以下の2つに分かれます。あなたのお尻はどちらのタイプでしょう?

1.たれ尻タイプ
運動不足や加齢、姿勢の悪さによるたるみが進み、ヒップトップの位置が下がり、太ももとの境目がなくなってしまったお尻です。このタイプは、大殿筋や中殿筋、ハムストリングスの筋肉を使って、お尻の重さが重力に負けないようにすることが重要です!

2.平面尻タイプ
全体的に筋力が弱い日本人に多い平面尻。のっぺりとして立体感がなく、老けた印象を与える形です。全体の筋力が弱いため、骨盤が後傾し、姿勢が悪い人に多いタイプのお尻なので、臀部を鍛えながら姿勢を改善できるヒップアップエクサを行いましょう。

次から早速、 “ヒップアップ・上向き小尻エクササイズ” をご紹介します。 誰でもムリなくできるので安心してはじめてくださいね!


30秒:ヒップアップ&上向き小尻エクササイズ

『30秒冷えとりダイエットヒップアップ・上向き小尻編』 を行う時は、以下に注意しましょう。回数や時間を増やすより正しいフォームでじっくり行います。
  • 呼吸を自然に続ける、呼吸を止めて力まない
  • おへそと背骨がくっつくようお腹をへこます
  • お腹をへこましたまま、胸をふくらまして呼吸する
  • 肩が上がらないよう首回りをリラックス
  • 腰を反りすぎないようにする、腰が痛い時は休む
  • ちょっとした合間に毎日2~3セット行う
※以下のエクササイズは、『30秒冷えとりダイエット!基本編』の後に、続けて行いましょう。

■たれ尻タイプさん向け エクササイズ
3

 

1. うつ伏せになり、膝を曲げてかかとをくっつけ、写真の様に平泳ぎのような脚をつくります。息を吸って準備。

 
4

 

2. 息を吐きながら、両脚のヒザを曲げたまま写真のように垂直に持ち上げる。呼吸を続けながらこの姿勢で10秒間キープ。

 
3

 

3. 脚を元の位置へ戻す。

4. 1-2の動きを3セット行う。

 
■平面尻タイプさん向け エクササイズ
1

 

1. 脚を肩幅より少し大きめに開き、うつ伏せになる。両手は写真の様に肩の横に置く。息を吸って準備。

 
2

 

2. 息を吐きながら、軽く手で体を支えながら腹筋と背筋を使い上体を持ち上げる。

3. 呼吸を続けながらこの姿勢で10秒間キープ。

4. 1-3の動きを3セット行う

 
■ヒップトップをあげるための姿勢改善エクササイズ
姿勢が悪く、ネコ背や腰が丸まっている人は、背中に連動してヒップが垂れてきます。ヒップの下垂を防ぐには正しい姿勢の維持が大切。ヒップのケアだけでなく、姿勢がよくなるおすすめエクササイズです!

6

 

1. 背すじを伸ばし、膝立ちで両手を高く持ち上げる。
お腹を凹まし、息を吐ききる。

 
5

 

2. 息を吸いながら、腕が曲がらないようしっかり伸ばし、上半身を少しずつ反らせる。この姿勢で呼吸を続けながら5秒間キープ。
※腰に痛みがある時は行いません。

3. 状態を正面へ戻し、1-2の動きを3セット行う。

4. 腰を下ろし、腰を休ませて緩める。

 
エクササイズは少しずつチャレンジすることが大切です。あなたのカラダは必ず変化します。その変化を期待しながら自分のペースで続けていきましょう。

関連記事:30秒冷えとりダイエット:30秒基本エクササイズ編



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。