今回は、ノエルに使われる言葉をご紹介します。

イメージ画像

ノエル準備に彩られた街角


ノエル(Noël / ノエル)はフランス語でクリスマスを意味する言葉です。 11月に入ると少しずつノエルに向けて街が活気付き、お店のウインドーや店頭、通りにクリスマス向けの飾りやイルミネーションがあふれ、クリスマス市 (Marché de Noël / マるシェ ドゥ ノエル)が登場します。

12月になると、家庭でもツリーを買い、室内の飾りつけを始めて、24、25日に向けての段取りを細々決めていきます。


ノエルの飾り

ノエルの飾り (décorations de Noël /デコらシオン ドゥ ノエル)に欠かせないのはツリー (sapin de Noël / サパン ドゥ ノエル)です。

最近は、限りなく本物に近いフェイクのもみの木も出てきましたが、やはり生木が好まれています。余談ですが、近年、使用後のもみの木をリサイクルに回せるようになりました。

イメージ画像

12月になると、花屋さんで一斉に売り出されるツリー


飾りには、ボール (Boule de Noël /ブゥル ドゥ ノエル) やモール、ガーランド(Guirlande de Noël /ギィるランドゥ ドゥ ノエル) が使われます。

イメージ画像

ツリーに飾るボール



キリスト誕生のシーンを再現する模型 (Crèche de Noël / クれッシュ ドゥ ノエル)を飾る家庭もあります。


ノエルの過ごし方

ノエルは、24日の夜と25日に祝い、家族とゆっくり過ごします。ちなみに、25日は祝日です。複合家族が増えているフランスでは、24日の晩餐は父方で、25日のお昼は母方で過ごすなど、決まりごとがあることもあります。

普段あまり教会に行かない人でも、ノエルのミサは欠かさないという人もいます。
かつては、夜中の12時にミサ (La messe de minuit / ラ メス ドゥ ミニュイ)を行っていましたが、現代ではミサの時間はどんどん早まり、夕方6時ごろから行われることもあるようです。

次のページは、プレゼント、食事、挨拶についての紹介です。