大晦日をどう過ごす?

イメージ画像

大晦日の会食はわいわいにぎやかに

ノエル(Noël / クリスマス)が終わると、今度は年越しの準備です。 フランスでは、ノエルを家族で過ごす行事とすると、大晦日は友人たちと過ごす行事と言えます。一般に大晦日の会食を réveillon (れヴェイヨン) と呼ぶのですが、

・大晦日はどう過ごすの?
Qu'allez-vous faire pour le réveillon du  jour de l'an?
クアレ ヴ フェーる プーる ル れヴェイヨン デュ ジューる ドゥ ラン

とノエルの準備が始まるころになると、12月24日、25日の話題とセットでお互いに聞きあうようになります。

少人数で楽しくテーブルを囲みたい人、とにかく大人数で踊って飲んで過ごしたい人、いろいろですが自分の好みに合った過ごし方で新年を迎えたい気持ちは同じようです。


日本とフランス、年越し比較

日本ではクリスマスに友人や恋人と過ごし、お正月を家族揃って迎える方が多いかと思います。
地方や家族に伝わるしきたりにしたがっておせち料理やお屠蘇の準備をされるかたも多いでしょう。新しい年を迎える準備にどこか「身が引き締まるような気持ち」があるように思います。

一方フランスの年越しは、一年で一番「にぎやかに友人たちと過ごす」日かもしれません。新しい年を迎える瞬間を友人と集まって、飲んで、食べて、踊って、しゃべって楽しく過ごすという人が多いように思います。

特に若い人たちは、ハメをはずして騒ぐことのできるこの機会を思い切り大騒ぎしてにぎやかに過ごします。
友人や恋人と揃って過ごすことが多いので、ファッションも念入りに。この日に着るドレスや靴を新調するのを楽しみにしている女性も多いようです。お店のほうでも11月末ごろから、ここ一番の装いとなるドレスやアイテムを取り揃えているところが多いので、華やかなお買いものをしたい方には、この時期のショッピングもおすすめです。

次のページでは、カウント・ダウンの模様を紹介します。