冬のパリ、防寒対策とおしゃれ

「バカンス」や「地中海」などのことばから、フランスは温暖な気候の国と考えていらっしゃる方も多いかもしれません。実際には、南仏でさえ北海道より北に位置しており、山沿いの地方では積雪量もかなりあります。石畳の多いパリでは、冬はかなり冷え込みます。冬のパリを旅する予定の方は防寒対策をしっかりしてください。

では、パリに住む人々はどんな防寒対策をしているのでしょうか。
イメージ画像

とにかく防寒!ニット帽いろいろ


防寒しながらも元気な色を取り入れてすてきにおしゃれを楽しんでいる人もいますが、「とにかく防寒対策」と、ニット帽を目深にかぶり、鼻までマフラーでぐるぐる巻きにしてかろうじて目だけ見えているような人もいます。

どうやら、おしゃれを楽しみたくても、厳しい寒さには勝てないというのが本音のようです。


人気の防寒アイテム

気温が0度前後になると風も冷たいので、隙間風の入らないようにニット帽+マフラー+手袋をセットで取り入れている人が多いように思います。美容院で完璧に髪をセットしたマダムは別ですが、老若男女思い思いのニット帽を愛用しています。
ニット帽+マフラー+手袋は、冬場になるとお揃いの素材やモチーフのセットで売り出すようになるので、クリスマスのプレゼントとしても便利なアイテムでもあります。

他にも重ね着をしたり、厚手の靴下や内側にボアの付いたブーツをはいたり、と寒さをシャットダウンして、少しでも快適に過ごせるようなアイテムを取り入れているようです。


見えない防寒

イメージ画像

コットンの防寒用下着は根強い人気

重ね着にはセーターなどの上に重ねる重ね着もありますが、見えない部分で下着の重ね着もあります。フランスには世界的に有名な高級下着ブランドもありますが、スーパーの下着売り場などでも、防寒用の下着に力を入れているところもあります。




次のページではちょっと驚く?防寒アイテムなどを紹介します。