どこまで突き進む!最先端テクノロジーコスメ続々登場

細胞レベルに働きかけるエイジングケアコスメに注目

細胞レベルに働きかけるエイジングケアコスメに注目

2000年のゲノム解析発表以降、日進月歩の美容業界。いまや化粧品研究は、遺伝子レベルが当たり前。細胞再生にかかわる物質の特定、生体機能へのアプローチなど、肌のエイジングに関する新発見は次から次へとされ、化粧品開発に生かされています。

しかも最近は、特定の研究を専門にしている医療機関や大学病院などと共同で開発するなど、エイジングケアコスメの進化は目を見張るほど! 「永遠に美しく」はいよいよ現実を帯びてきているように感じます。

サイエンスの進化と共に挙がる疑問が2つ。1つは、「効くのか?」 もう1つは、「肌に対して安全なのか?」ということ。化粧品はもろもろ条件が違うので、一概に白黒はっきりとはつけられませんが、そもそも化粧品とは、「安全」「作用が緩和」の2つが条件として挙げられます。

つまり、どんなに肌に素晴らしい効果をもたらすことができるものでも、副作用があるなど安心して使えない(成分の安定性が悪い、肌に刺激がある、人を選ぶ……)ものは化粧品ではないのです。これをベースに考えて答えると、「毎日心地よく使い続けることができ(これが安全性)、加齢やさまざまな要因で落ちていく肌機能を立て直してエイジングサインを食い止めること(これが効果感)」は十分にできると考えられます。

次は注目テクノロジーの3キーワードです