スッぱくて、とろりん。即席・梅とろろのお吸い物

所要時間:5分

カテゴリー:汁物・スープ・鍋お吸い物

 

夏バテ気味の身体を元気にする梅入りお吸い物

材料を入れて、お湯を注ぐだけの即席お吸い物を紹介します。梅干しの酸味は、夏バテ気味の身体に食欲を起こし、疲労回復にも効果があります。とろろ昆布はその粘り気とともに、旨みも豊富で、お吸い物の美味しさを増してくれます。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『夏野菜と厚揚げの甘酢炒め定食(朝10分+夕15分)』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

即席・梅とろろのお吸い物の材料(2人分

即席・梅とろろのお吸い物
梅干 1個
とろろ昆布 6g
ミョウガ 2本
白だし 小さじ4
熱湯 400ml
材料は2人分ですので、器には各半量ずつ入れてください。

即席・梅とろろのお吸い物の作り方・手順

即席・梅とろろのお吸い物

1:材料を入れ、お湯を注ぐ

材料を入れ、お湯を注ぐ
梅は種をとって半分にし、みょうがは千切りに切ります。器に材料をすべて入れ、熱湯を注いだら、できあがり。

ガイドのワンポイントアドバイス

梅干しの塩分によって、味が変わります。お好みに合わせて、白だしやお湯の量を調整してください。梅干しをよく混ぜながら、食べてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。