女性にとって一番大切な部分とは

皮膚から体内への”経皮吸収”について、重視する人が増えてきました。物質は、頭皮、口腔、皮膚と様々なルートで体内に吸収されますが、身体の中で吸収率が特に高いのは”膣”であること、ご存知でしょうか。膣を含めたデリケートゾーンは女性の身体を考える上ですごく重要な部分です。

日本では、妊娠出産含めた女性の体や仕組みに関して、また性教育に対しての知識教育が積極的に行われていません。小学校の頃、男女を分けて保健の授業の時にさらっと生理のことを教えられた程度。大人になるまで、女性の生理機能(妊娠、出産、更年期)のこと、性のこと、膣のことについて、しっかりと向き合う機会は、ほとんどないといっていいでしょう。

生理トラブルで悩んでいたとしても、あまりその悩みについて相談できる相手もおらず、解決できていないという女性がとても多いのが現状です。でも、生理は出産と直結したものですし、女性の健康と美を考える上では不可欠です。これは母親と娘親子一緒に、そして社会全体で考えていかなければならない問題なのです。

デリケートゾーンコスメって?

そこで、注目していただきたいのがデリケートゾーンのオーガニックコスメです。

ずばり、膣を含めたデリケートゾーンをケアするためのもので、オーガニックのハーブなどを用いて作った、肌に安全かつ、効果的なアイテムとして、美容業界でも話題となっています。

注目のデリケートゾーンコスメ。アンティーム オーガニック by ルボア

注目のデリケートゾーンコスメ。アンティーム オーガニック by ルボア

「欧米と比較すると、日本にはデリケートゾーンケアに関する文化がありません。性に関しても同じです。もっとオープンにするべきでしょうし、母が娘に教えてあげることが、大切なのではないでしょうか。食べることと、眠ることに続いて性について考えることは、人間の本能です。だからおなじくらい重要です。また、膣から出される粘液力が、免疫力と結びついているということを知ってもらいたい。そういった思いから作ったのが、このアンティームのシリーズです」(ルボア代表・森田敦子さん)

女性の一番大事な部分であるデリケートゾーンをケアするだけで、自分の性をきちんと受け止め、向き合うことができます。生理前後で、自分の身体は、デリケートゾーン周辺はどう変化するのか。いつもとは違う状態になってはいないか。匂いはどうか。不調と向き合うきっかけとなるのも、デリケートゾーンケアから。

植物療法(フィトセラピー)ブランド「ルボア」によるデリケートゾーン専用スキンケアプロダクツ。8月7日より発売中。
・アンティーム オーガニック by ルボア フェミニン ウォッシュ 100ml 2,100円
・同 ホワイトクリーム 100ml 2,730円
・同 ローズローション 100ml 3,150円
(サンルイ・インターナッショナル)
http://lebois.jp/products/intime.shtml

「フェミニンウォッシュは赤ちゃんの肌にも使えるくらい安心なオーガニック原料を使っています。気になる匂いやムレをすっきりと洗い上げます。ホワイトクリームは黒ずみも防止。弾力を保ってくれます。そしてローションは、ローズの香りをメインにした優しいラブローション。口の中に入っても安全。パートナーシップをより、きちんと考えられるようなアイテムです」(森田さん)