ここでは、フランス語の数の使い方として、
・住所
電話番号
お金
物の数え方
をご紹介します。

住所

旅行中のお出かけで、ショッピングや観光に行くときに住所表記を見ることが多いですよね。

こちらはオペラ座ガルニエ宮の住所です。
イメージ画像

扉の上の青地に白で書かれた数字が番地を示しています


8, rue Scribe 75009 Paris

初めの 8 は、番地です。その後に道の名前が続き、75009郵便番号になります。

フランスの郵便番号は5桁で、初めの2桁県番号、残りの3桁区などを示しています。

75009
で、ガリエニ宮は、パリ9区にあることを表示しています。

読むときには初めの2桁、後の3桁と分けて読みます。
soixante-quinze zero zero neuf (ソワソント キャーンズ ゼろ ゼろ ヌフ)

数字に e をつけて第何区と表示することもあります。
長いですが、区役所の表示が良い例です。
la mairie du 5e arrondissement de la Ville de Paris
(ラ メりー デュ サンキエーム アろンディスモン ドゥ ラ ヴィル ドゥ パり)
これで、パリ市第五区区役所ということになります。

区役所前のバス停は、Mairie du 5e(五区区役所)と、区役所名になっているところが多いので、見てみてください。

ガイドブックなどに、Paris 5e という表示があることもあります。
こちらもチェックしてみてください。