「彼は私より背が高い」、このような比較級のフレーズは教科書ではよくお目にかかりますが、見ればわかるので実際の会話で使うことはほとんどありません。今回は「もっと安いの!」、「痩せたわね。」など、知っておくと楽しくなる使える比較級をマスターしましょう!

形容詞の比較級基本形

couple1

恋人との年齢差は語れますか?

フランス語初心者の方、比較級ってどうやって作るのだったっけ?という方のために、まずは基本的な比較級の作り方をおさらいしておきましょう。フランス語の比較級は、形容詞・副詞・名詞とどの品詞を比較するのかによって作り方が若干異なりますが、今回はなじみ深い形容詞の比較級の作り方にスポットをあてていきます。

Mon petit ami est plus jeune que moi.(モン プチタミ エ プリュ ジュヌ ク ムワ/私の彼は年下です。)

このフレーズは、英語のmoreにあたるフランス語のplus(プリュ)を用いてつくった優等比較級の例です。フランス語では英語のように、語尾を -er, -est と変化させて比較級を作る方法はありませんので、形容詞の意味にあわせて「より多く~だ」と言いたいときはplus, 「より少なく~だ」と言いたいときには英語のlessにあたるmoins(ムワン)を使用しますまた、que(ク)は英語のthan(~よりも)にあたる言葉です。この例では形容詞はjeune(ジュヌ/若い)になりますので、mon petit ami(私の彼氏)の方が「若い」度合いが「多い」のでplusを使用し上記のような文になります。

ここまでは簡単なので、中級の皆さんにおまけフレーズを一つ。「私の彼は10歳年下です。」と言いたい場合はどうすればいいでしょう?正解は、

Mon petit ami est plus jeune que moi de 10 ans.

バッチリ言えましたか?

日本人旅行者も大好きな言葉:「もっと安いものがありますか?」

それでは、もう少し基本練習を続けましょう。旅行の際に、挨拶と共にC'est cher !(セ シェール/(値段が)高い!)というフレーズを覚えて行く方も多いはず。「もっと安いものがありますか?」という場合には、このcher(値段が高い)という形容詞と劣等比較級を作るmoinsを用いて、Vous avez moins cher ? (ヴザヴェ ムワン シェール)とします。plusをプラス、moinsをマイナスとしっかり覚えておけばそれほど難しくはないかもしれませんね。形容詞部分に、petit(プチ/小さい)、 terne(テルヌ/地味な)、 court(クール/短い)などを入れて、お買い物の際には比較級をフル活用してみてください。

次ページでは、使用頻度は高いのに間違いやすい比較級表現をみてみましょう。