「préférer」フランス語で好き嫌いを語ろう

「prefere」フランス語で好き嫌いを語る

「prefere」フランス語で好き嫌いを語る

記事「j'aime bienの意味など……フランス語での好き嫌いの言い方」では、好き・嫌いを語る際の基本的な言い回しを勉強しました。今回のテーマは、ズバリ比べて語ろう! いろいろなものを比較して好き・嫌いの意見を述べる練習をしてみましょう。
   

間違いやすい動詞「préférer」をマスターしよう!

それでは、最初に「~の方が好きである」という動詞préférer(プレフェレ)の活用からみていきましょう。この動詞はおしりの部分が-erで終わる第一群規則動詞ですが、アクサンの部分に変化があるので間違いやすくなっています。
preferer

アクサンの部分に注意して動詞を覚えよう!

上記の例にあるように動詞の不定法préférer(プレフェレ)、nous préférons(ヌ プレフェロン)、vous préférez(ヴ プレフェレ)以外の活用ではアクサンの向きが右上から左下のaccent aiguから逆向きのaccent graveに変わります。発音は、カタカナ書きでお伝えするのは無理がありますが、「私は~の方が好きである」という場合にはJe préfère(ジュ プレフェール)と柔らかい音になります。こちらのリンクで音声が確認できますので聞いてみてください。
 

好きなモノを前にもってくる(固有名詞編)

動詞の活用が確認できたところで、文章を作ってみましょう。まずは、名詞と名詞で比較してみましょう。基本形として前置詞にà(ア)を使うことを覚えてください。より好きなものを動詞の直後に持ってきて以下のようにフレーズを作ります。

Je préfère Mac à Windows.(私はwindowsよりmacの方が好きです。)

日本語に訳すと逆になってしまいますが、好きなものを前に持ってくるのがポイント。では、復習です。次の文はどう訳しますか?

Je préfère Android à iOS.

簡単ですね! Androidの方が好きと言う訳です。
 

冠詞の縮約に注意しよう!(普通名詞編)

では、次に普通名詞の場合についてみてみましょう。記事「j'aime bienの意味など……フランス語での好き嫌いの言い方」でお伝えしたように、普通名詞の場合、通常好き嫌いを表す表現の後では種類全体を表す定冠詞le, la, les, l' が多く用いられます。そのため、動詞préférerを使って2つの名詞を比較する場合には、前置詞àと定冠詞の間で冠詞の縮約がしばしばおきます。以下、縮約形を図で示しますので参考にしてください。
articlescontractes

冠詞の縮約形に注意しよう!

では、定番中の定番例文を2つあげてみます。Je préfère le café au thé.(ジュ プレフェール ル カフェ オ テ/ 私は紅茶よりコーヒーの方が好きです)のthéが男性名詞なので上の表にならって à+le→au(オ) とします。さらに複数形の例では、à+les→aux(オ)を使ってJe préfère les chats aux chiens.(ジュ プレフェール レ シャ オ シアン/私は犬より猫が好きです)とします。ただし、女性単数名詞や母音で始まる名詞の場合には冠詞の縮約はおきないのでそのままでOK。参考までに、Jean-Paul Sartre(ジャン=ポール・サルトル)の「不確かさより絶望を好む」というかっこいい例文をあげておきますね。

Je préfère le désespoir à l’incertitude. (『Le diable et le bon dieu』)
 

動詞の場合はplutôt que (de) を使おう!

それでは、最後に動詞の比較例を見てみましょう。動詞の場合は 前置詞 àではなくplutôt que (de)(プリュト ク(ドゥ))というちょっと複雑な表現を用います。

Je préfère rester célibataire plutôt que (de) sortir avec n'importe qui !(誰彼かまわず付き合うくらいなら独身でいる方がいい!)

いかがでしょうか? ちょっと難しいですが、独身の方はそのまま覚えて是非使ってみてください。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。