国内最大級のスペシャルティコーヒーの焙煎所
ソルベルグ&ハンセンでのカッピング
Solberg&Hansen

S&Hundefinedカッピングルーム

食市場内を歩いていた人が、突然飛び入りで参加することが多い、ソルベルグ&ハンセンでのパブリックカッピング

グリーネルロッカ地区にある食市場マートハーレンの中には、国内のカフェやレストランに多くの豆を卸しているソルベルグ&ハンセン(Solberg&Hansen)のコンセプトストアがあります。

毎週土曜日の14時からはカッピング、15時からはコーヒーの淹れ方レッスンが無料で開催されています。コーヒービギナーにとっては、丁寧に解説してくれるソルベルグ&ハンセンのレッスンが一番分かりやすいかもしれません。

コーヒーの知識ゼロから参加可能

S&Hundefinedカッピングレッスン

市場をうろうろしていた人が突然加わるので、「カッピングってなあに?」という質問からスタートすることが多い。コーヒービギナーが気軽に参加できる場所だ

カッピングで泡と取り除く

カップに浮かんだ表面の泡を取り除く、バリスタのヴォイレ氏

週末のイベントには男女問わず、若い学生から年配の方まで、多くの世代が参加します。

カッピングでは、スプーンですくったコーヒーをすするような感じで、音をたてて口の中に吸い込みます。最初はそのやり方に戸惑う人もいますが、何度かテイスティングをしているうちに、「ぼくはこのコーヒーが好きだな」とお気に入りを購入していく人もいます。



 

「コーヒーの味が分かるテイスター」になるために……
何度もカッピングをしてみよう

Nikolai Aunbak

世界カッピング選手権のノルウェー代表も飛び入り参加!

2013年度の世界カッピング選手権のノルウェー代表であり、ソルベルグ&ハンセンでバリスタをしているアウンバク氏によると、カッピングでコーヒーの味がわかるようになるために一番必要なことは、幾度とない「テイスティングの訓練」だそうです。

次のページでは、ソルベルグ&ハンセンでの美味しいコーヒーの淹れ方レッスンの様子をお伝えします。