旅行で美味しい「ノルウェーコーヒー」を味わおう

ノルウェーコーヒー

旅行では「オーロラ」や「サーモン」が一般的だが、2012年に東京にノルウェー発のカフェ「フグレン トウキョウ」がオープンしたことにより、「オスロで本場のノルウェーコーヒーを味わおう」という流れが広まりつつある

ノルウェーコーヒーといえば、酸味が特徴的なブラックコーヒーが代表的ですが、そのコーヒーをプロのバリスタと一緒に、無料で味わいながら楽しむことができるイベントがオスロのカフェでは頻繁に開催されています。

プロのバリスタと一緒に、コーヒーを飲む

S&Hカッピング

誰でも気軽に参加できる「パブリックカッピング」が、スペシャルティコーヒーを取り扱うオスロのカフェでは一般化しつつある

カップの中の挽いたコーヒー

手前が焙煎された挽く前のコーヒー豆、奥のカップにはすでに挽いたコーヒー

「カッピング」とは、コーヒーの味見のようなもので、豆の酸味、苦み、甘み、香りや味の余韻などを総合的に判断します。生豆本来のクオリティや焙煎のクオリティのチェックのためには欠かせない手段です。

挽いたコーヒーを入れたカップに熱湯を注ぎ、カップの上に浮かぶ泡をスプーンで取り除いてから、各コーヒーの香りと味を比較します。



 

一般市民が参加する「パブリックカッピング」

Stockfleths

ストックフレッツでのカッピング。カッピングする際は、メモ帳に「ブラックベリーの味、キャラメルの香り」など自分が感じたことを記録していく人もいる

カッピングは以前はプロのバリスタやロースターの間でおこなわれてきましたが、ノルウェーコーヒーの最先端をいく首都オスロのカフェでは、一般人も気軽に参加できる「パブリックカッピング」が広まりつつあります。

毎週パブリックカッピングを開催しているカフェもあり、偶然立ち寄った通行客が、「あれ、なにをしているの?」と飛び入り参加することもよくあります。カッピングの多くは無料でおこなわれており、発売前の最新のコーヒーを味わうこともできます。

カッピングのイベントのお知らせはフェイスブックやツイッターなどのソーシャルメディアでノルウェー語で更新されることが多いので、開催されているか確認したいときは電話をしてみましょう。

また、各カッピングでは、ノルウェー語が話せない参加者がいる場合は、会話は英語に切り替えてくれるそうなので申し出ましょう。

それでは、次のページでは、世界バリスタチャンピオンにも輝いた、ティム・ウェンデルボー氏が経営するロースタリーカフェでのカッピングをご紹介します。