体重が落ちても、魅力のない外見に

20歳の時に、どうしても早く体重を落として痩せたかったので、とにかく食べないダイエットをしていました。

朝は野菜ジュース1本だけ、昼間は友人とのランチはやめて、一人で野菜サラダだけ(ドレッシングは抜き)を食べに行ったり、ダイエット用の低カロリーのお菓子1本で済ませていました。

夜は、お酒の席では、野菜スティック(マヨネーズは付けない)、海藻の酢の物、こんにゃくの煮物、キノコサラダなどできるだけカロリーの低いものを食べていました。

とにかく炭水化物や、肉や魚などのたんぱく質は一切食べず。

野菜、海藻、こんにゃく、ダイエット用お菓子しか食べないので、栄養状態は相当悪かったと思います。

最初は辛かったのですが、体重が面白いほど落ちるので、空腹になれてしまい、どんどん食べる量を減らすようになり、4ヶ月で13キロも落ちました。

でも、その頃から生理がストップ。

激やせぶりを心配した母に勧められ婦人科に行き、検査をしたら、通常はその女性の「こぶし大」はある子宮が、親指の先ほどに縮んでいる……と言われ、食べないダイエットはすぐ止めるように!と、医師に厳命されました。

気がつけば手指も痩せて、20代とは思えないひからびた感じで、小じわがいっぱい。目元もシワっぽくなってしまい、髪の毛もいつの間にか輝きを失っていました。(抜けやすくなりました)

食べないダイエットは本当に危険。

炭水化物を極端に食べないと、脳に栄養が行かないので常にボーっとした感じになりますし、色々な意欲も薄れ「体重を落とす」ことと、1日にちょっとだけ食べる「食べ物」のことしか考えられなくなります。

またタンパク質や脂質を採らないと、肌や爪、髪の色つやも薄れ、乾燥してシワになってしまいます。

ただ痩せても、ひからびてやつれた外見になってしまっては意味がないですよね。

何のためにダイエットしているのかを忘れないように、過去の私のように「体重減らしゲーム」にはまらないように、気をつけて下さいね。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。