今回は、私が塾の経営を通して出会った保護者の方の中で、特に「上手に子育てをされているな」と感じる方に共通している「3つの子育て法則」をご紹介します。
子育て上手なママのテクニックとは?

子育て上手なママのテクニックとは?


法則1.日常生活と勉強をリンク

意識的に、日常生活に学校で学んだことを応用することによって、学習内容をより定着させることができ、また将来社会に出た時に必要な「思考力や応用力」を鍛えることが出来ます。

例えば、足し算引き算を勉強したら、子供に買い物をお願いするのが良いでしょう。予め予算を決めておけば、予算を超えないよう足し算を使って計算するでしょうし、会計時になるべくお釣りのコインが少なくなるように考えさせれば、思考力を鍛えることが出来ます。まだ計算は習っていなくても、実際にお金を使う機会が与えられると、数の認識が自然と身に付くので、小さいうちから、会計に挑戦させてあげましょう。

また、苦手とする子が多い「時刻と時間」の分野なども日常で活かしやすい分野でしょう。ポイントはスケジュール管理を本人にさせること。朝一で1日のスケジュールを手帳に書かせ、また、実際に行ったことも合わせて書かせることで、時計を見て行動する習慣が付きますし、何分後や何分前などの時間の理解も自然と身に付きます。

このように、子育て上手なママは、日常生活と勉強をリンクさせ、楽しみながら、子供の基礎学力や応用力を高めています。

法則2.ほめ上手

2つ目の法則は、「ほめ上手」であることです。みなさんは、1日の中で子供をほめる回数と叱る回数どちらが多いでしょうか?子育て上手なママは、ほめる回数の方が圧倒的に多いです。叱る回数の方が多いと思われた方は、是非意識的にほめるポイントを探してみてください。

また、ほめる時は、ほめることだけに徹してください。「よく頑張ったね!もっと頑張ればもっと良い点がとれるよ!」とほめてはいるものの、更なる努力を要求するような言い方は避けましょう。

>>子育てにおいて最も大切な法則3は?