本当に正しい漢字の覚え方と練習方法とは

本当に正しい漢字の覚え方と練習方法とは?

漢字が書けない、読めない…と漢字に苦手意識を抱える子供には、無機質な「単語」を文章にしてあげることで、実生活とつながりのある「意味のある言葉」になり、記憶に残りやすくなります。本当に正しい漢字の覚え方と練習方法とは

漢字の覚え方は「何回も紙に書いて覚えるもの」だと思っていませんか? この何回も書いて覚えるという漢字の練習方法はができず、結果、漢字が書けない、読めない…と苦手意識を感じる子どもは少なくないでしょう。しかし、漢字は何回も紙に書いて練習する方法よりも、効率の良い勉強法があります。本当に正しい漢字の覚え方と練習方法とは?

国語のテスト成績を上げるにはまず「漢字」から

国語の成績を上げるにはまず「漢字」の勉強から始めるのがポイントです。漢字は国語のテストに必ず出るうえに、100点満点中のだいたい20点程度の配点です。漢字で点数を取れるようになると国語で安定して高得点を取りやすくなります。

しかも漢字は勉強にかけた時間がテストの結果に表れやすい「得点アップ効率」の高い分野です。筋トレをするときには大きな筋肉からトレーニングすると体に変化が出やすく長続きするようです。国語においてまっさきに鍛えるとよいのが「漢字」なのです。

ところが漢字に苦手意識を持つ子どもほど、漢字の勉強をおろそかにしがちです。でもそれは自分に合った覚え方や練習方法ができていないからです。漢字は何回も紙に書いて覚えて練習するものだという「思い込み」を持っている人が多いようです。これが子どもを漢字嫌いにさせる原因になっています。漢字を覚えるためにひたすら紙に何回も書いて練習するのは、「ウサギ跳び」トレーニングのようなもので、今はあまりオススメできない勉強法です。

漢字の「読み方」から苦手を克服する

漢字が読めない、書けないと苦手意識を持つ子供が、それを克服するにはどうするか。まずは小学校低学年の配当漢字の「読み方」からスタートです。漢字が苦手でも、「読み方」ならできる難しくないものも結構あるはずです。しかも「書き方」と違って気軽に取りかかれます。

ポイントは「練習」するのではなく、「チェック」するだけだということです。漢字テスト帳などを使って、読める漢字にはマル、読めない漢字はバツをつけていきます。当該学年までチェックしていきましょう。

チェックが終わったら、数日おいて今度はバツがついた漢字だけをまた読めるかチェックしましょう。1回目のチェックをしたときに「正しい読み方」を確認しているので、読めるようになっている漢字が増えているはずです。読めない漢字には2つめのバツをつけていきましょう。

読めない漢字の「意味」を教えてあげる

2つのバツがついた読めない漢字は子どもにとってなじみのない言葉、意味がよくわかっていない言葉であるはずです。ただ、ここで自分で辞書で意味調べをさせても上手くいきません。

例えば「客観」という言葉を子供が辞書で調べても、きっと書かれている説明を理解できないでしょう。そこでまず親が子どもにその読めない漢字の言葉の意味を分かりやすい言葉で教えてあげましょう。教えた後に、その言葉を使って例文を作らせるのがポイントです。無機質な「単語」を文章にすることで、実生活とつながりのある「意味のある言葉」になり、記憶に残りやすくなります。

読めない漢字の確認を繰り返す

読めない漢字の意味を理解できたら、再度、バツが2つついた漢字だけを読めるようになったかをチェックをします。今までと同じように、正確に読めなかった漢字にバツをつけます。この段階になる頃には読めない漢字がずいぶん減っているはずです。

後は、また数日後にバツが3つついた漢字を読めるか確認、読めなかったらバツをつけて……というように繰り返していくだけです。

漢字の「書き方」攻略のポイントは「部首」にある

漢字の「書き方」は「部首」に注目です。漢字の部首にはそれぞれ意味があります。漢字が書けない子供が練習して覚える前に、部首の意味を知ると、漢字が「記号」ではなく「意味のあるまとまり」になって記憶に残りやすくなります。

漢字の部首の意味を確認したら、学年の配当漢字に縛られずに、同じ部首の漢字をまとめてみましょう。例えば「さんずい」の漢字シリーズ、「にくづき」の漢字シリーズというようにグループ分けをします。

記憶というのは他の事項との関連、結びつきが強いほど強固になります。まとまりのないバラバラの漢字を順番に関係なくひたすら紙に書いて練習するのは効率の悪い勉強法です。漢字を紙に書いて練習するのは最終手段です。

グループ分けをしたあとに、先ほどの漢字の「読み方」と同じように、漢字テスト帳で「書き方」の確認をしていきましょう。同じようにマルバツをつけることを3回くらい繰り返してください。3回書けなかったら始めて紙に書いて練習するのです。

ところで子どもが間違えやすい漢字はたいてい決まっています。「子どもが間違えやすい漢字ワースト3」を参考にしてみてください。間違えやすい漢字をあらかじめ知っておけば、漢字の問題でミスをする確率が大幅に下がります。


さて、いかがでしたでしょうか。漢字は効率よく勉強すれば誰もができるようになります。紙に何回も書いて練習するような「苦行」をする前に、「おおざっぱに覚えること」を繰り返してみてください。漢字が書けない!読めないと苦手意識を持ち、練習を面倒くさがる子でも漢字が得意になる覚え方ですよ。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。