難しい漢字も覚えられる「つがわ式丸付け暗記法」とは?
難しい漢字も覚えられる「つがわ式丸付け暗記法」とは?
「漢字は書き取りして覚える」のが当たり前と思っている人も少なくないでしょう。確かに量も大切ですが、それ以上に大切なのが質なのです。

今回は、今マスコミで難しい漢字でも面白いほどスラスラ覚えられるということで話題になっている「つがわ式丸付け暗記法」を紹介します。
 

つがわ式丸付け暗記法とは?

「薔薇(ばら)」という漢字を例にとってみましょう。これをただ丸暗記しただけでは、たとえ覚えたとしても1ヶ月もしたら忘れてしまいますよね。しかし、丸付け暗記法ではそんなことはありません。

それでは、まず「薔薇」の「薔」という漢字をじっくりと見てみましょう。「くさかんむり」「人」「土」「回」という、見慣れた漢字が組み合わさってできていることがわかります。

同じように「薇」という漢字も見てみましょう。「くさかんむり」と「微生物」の「微」という字によく似た字ということがわかります。

しかし、この「微」という字に似た部分を覚えるのが難しそうですね。そこで、丸付け暗記法の出番です!
 
>>次は、実際につがわ式丸付け暗記法をやってみましょう!>>