勉強ができる人はどこが違うのか?

幼児から高校生まで接してみて感じることがあります。勉強ができる子とそうでない子の違いです。できる子は毎日きちんと学習をしていますが、そうでない子はやったりやらなかったり、あるいは全く家庭学習をしていないのです。

勉強する子が伸びて、そうでない子が伸びないのは当たり前です。よく引き合いに出される、ヤンキースのイチローは毎日基礎練習を欠かさないし、用具の手入れを欠かしません。やるべきことをきちんとやる、それができる人が実績を作れるのです。
勉強する女の子

毎日勉強すれば勉強ができるようになる


現代は教育熱心な家庭が増えて、幼児の内からなにかしら学習をさせています。しかし、それが継続的にできているでしょうか。通信教育を始めたけれども、気が向いたらやるが、そうでないとやらないので、ためてしまいやめることになる。

あるいは「これは良い」と聞いた教材を買ってきて与えるけれども、次々と新しい教材に取り替えて、全部中途半端で終わってしまうのではありませんか?

毎日毎日続けて勉強することが習慣にできた子は、365日の積み重ねで着実に学力が身につくのです。

では、その学習習慣はどのようにしたら養われるのでしょうか?
>次ページは「幼児期の習慣づくり