読書感想文の題名どうやってつけていますか?

読書感想文の題名でおおっ!と言わせる書き方テクニック3つ

読書感想文の書き方で意外と困るのが「題名(タイトル)」をどうするか。実は、3つのテクニックで「おおっ!」と言わせるタイトルにすることができます。

読書感想文で困ることと言えば、感想文そのものを書くことだけでなく、読書感想文の題名(タイトル)をどうするか。 「『(本の題名)』を読んで」 これでは味気ないですね。せっかくですから、少しひねりを入れてかっこいい題名をつけたいものです。そこで、「おおっ!」と言わせる読書感想文の題名を考えるのに役立つ、3つのテクニックを紹介していきます。
   

書き方テクニック1:題名で客観的な事実を表現

私は、作文教室で、
「おいしくないのにおいしいラーメン屋さん、ってなーんだ?」 という、
なぞなぞのような質問を参加者にします。

これは、おいしいラーメン屋さんを、「おいしい」とか「うまい」という言葉を使わずに表現するにはどうしたらよいかを考えるための例題です。

「うまい」といった表現以外に、おいしいラーメン屋を表現するには、代わりの言葉を考えなければなりません。その時に、ヒントになるのが客観的な事実(=他の人が見てもそう思うこと)を言葉にすることです。

おいしいラーメン屋さんは、きっとお客さんもたくさんで、近所で評判になっていることでしょう。そして、おいしいラーメン屋につきものなのが、「行列ができる」とか「満員」という事実です。

そんなわけで、おいしいラーメン屋を「おいしい」という言葉を使わずに表現するとしたら、

「いつも行列ができるラーメン屋」
「いつも満員のラーメン屋」


というタイトル表現が考えられます。
 

書き方テクニック2:タイトルに具体的な数字を入れる

これもよくある表現上の工夫なのですが、「友だち100人」とか「35億」といった、具体的な数字を使うことで、印象に残りやすくなるという特徴があります。

先ほどのラーメン屋の例だと、開店前から行列ができているほどですから、開店して5分もしたらもう満席になってしまいます。

そこで、5分という数字を使って、

「開店して5分で満席になるラーメン屋」

とすると、より実感がわきます。

このような具体的な数字を使うのは、本のタイトルや広告にも、使われているテクニックです。これを読書感想文のタイトルに使わない手はありません。
 

書き方テクニック3:題名で倒置や省略など表現技法を使う

国語で表現技法として、倒置や省略などを習いますが、実は読書感想文や作文の題名にもこのような技法は活用できます。

記事のタイトルでも、「できる子は○○を実践している」「できる子は実践している○○」と、倒置を使うことがあります。 題名というのは、必ずしも主語+述語からできているわけではありません。いわば箇条書きに近いものとなるので、むしろ、このような表現技法を使う絶好のチャンスです。

というわけで、1~3までテクニックを紹介してきましたが、「ビリギャル」を例に読書感想文の題名を考えると、

「『ビリギャル』を読んで」

「『ビリギャル』から学ぶ○○にとって大切な3つのこと」

というのはどうでしょうか。

以上、○○の部分は、勉強や家族など、読んで感じたことでかまいません。読書感想文の宿題で、題名を一工夫してみて、他の子と差をつけてみましょう。


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。