教育の多様化、オルタナティブスクール(Alternative school)とは?

orutanatibusuku-ru1

オルタナティブスクールは、子どもの個性を尊重し、自発的学習を支援します

オルタナティブスクール(Alternative school)とは、ヨーロッパやアメリカの哲学的思想をもとに発展していったオルタナティブ教育を取り入れた学校のこと。

画一的な教育ではなく、個人を尊重し子供が本来持っている探求心に基づいて、自律的・主体的に学習や行事が展開されるようにカリキュラムが組まれていることが多いのが特徴です。

大人は教師ではなく、あくまでも子どもをサポートするスタッフという考えが根底にあり、有名な教育法では、「モンテッソリー」「イエナプラン」「フレネ」「二イル」「シュタイナー」「サドベリー・バレー」などがあります。

今回はそんなオルタナティブスクールの仕組みや、利点・注意点、学費などについてご紹介していきます。

オルタナティブスクールの入学を考えるべきケースとは?

学校により教育理念は大きく異なる

学校により教育理念は大きく異なる

日本では、あまり聞きなれないオルタナティブスク-ルですが、どのような場合、入学を考えるのでしょうか?

  • 「子供の自主性を尊重し自由に育てたい」と考えている場合
  • 「我が子は個性が強く、型にはまった学校生活があっていない」と感じた場合
  • 「何らかの理由で子供が学校へ行くのを嫌がる」場合……など
このような時には、従来の教育法に基づいた学校ではなく、オルタナティブスクールという選択肢を広げて考える事で、子供の違った側面を引き出し、新しい道が開ける場合もあります。

では早速、オルタナティブスクールの魅力や注意すべき点を含め解説していきます。

オルタナティブスクールとフリースクールとの違い

オルタナティブスクールは本来、フリースクールやホームスクール、無認可校も含め総称したものを言います。ですが、現在日本では明確な定義は決まっておらず、一条校(学校教育法第一条に定められた学校の総称)やフリースクールに対し、「もう一つの学校」を指す意味で「オルタナティブスクール」が使われるようになってきています。

フリースクールは、一般的には、不登校や引きこもりになった子どもが昼間過ごす場所の意味合いが強いのに対し、オルタナティブスクールは、従来とは異なった運営制度、進級制度、教科科目などを置き、その理念や教育法に共感した子供が通う、といった意味合いです。そこには公教育があわず、途中で転入してくる子供もいれば、1年生からそこを選び、入学する子供もいます。


オルタナティブスクールの特徴と魅力

orutantibusuku-ru2

それぞれが興味ある分野の体験型学びも多く取り入れられています

■子供が主体となる学び、自発的学習を支援する
子供の自ら学ぶ意欲を大切にした教育観に立ち、自律的な学びを支援しています。子供の興味関心を中心に、生活のルールや学習プラン、行事も大人と子供が話し合って決めていく所が多いようです。

■個性を尊重する
画一的な教育法ではなく、一人ひとりの個性を尊重し、基礎学習やテーマ学習を進めていくような傾向にあります。

■体験型学習が多い
実際に体験させる授業が多く、子供達が興味関心の高いテーマ、手芸、工作、絵画、料理、演劇、農業、何かの研究等にも挑戦したりします。

■少人数で異年齢の子供とも活動する
少人数なので、丁寧で密度の濃い教育になり、また異年齢の子供達と一緒にする活動では、下の子を思いやる気持ちが育まれたり、子供どうしで学ぶことも体験できるでしょう。

オルタナティブスクールのデメリットや注意点・問題点

■無認可である
毎日決められた時間帯に通っていても、法的には不登校の扱いになります。しかし少数ですが、私立学校として認可されているオルタナティブスクールも、あります。

また地元の学校長との話し合いのうえ、一定要件を満たす時は指導要録上、地元校での「出席扱い」となり、卒業の資格を得られる場合もありますので、事前に充分調べておくことが大切です。

■上級校がない
オルタナティブスクールは高校を併設しているところは非常に少なく、ほぼ小学校、若しくは中学校までです。その後高校への進学を希望する場合は、ほとんどが一条校へ行く事になります。その際、勉強法などにギャップがあることを視野に入れておく必要があるでしょう。

■学校の数が少ない
現在の日本では、非常に数が少なく、我が子をオルタナティブスクールに通わせたいと、思っても近隣にないことも多いでしょう。

■費用が高額になる
私立ですので、どうしても費用がかかります。最近では公的な援助も検討されつつあり徐々に軽減される方向に向かっていますが、公立校に比べればやはり費用は高額になります。


学校によって差が大きい。必ず体験に行ってから決断を

一概に、オルタナティブスクールといっても、その理念や設立の流れにより、教育法は非常に様々です。必ず見学や体験に行き、家族や本人と充分話し合ったうえで、入学するかを決定しましょう。


選択肢を増やすことで、広がる可能性もある

日本では、あまり知られていないオルタナティブスクールですが、親がその教育理念を知り、選択肢を増やして考えることで、子供の違った側面を引き出したり、子供の可能性を広げる手助けとなる場合もあります。

メリット・デメリットをよく知った上で、オルタナティブスクールを教育の1候補として考えてみるのもよいかもしれませんね。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。