シュタイナー教育の基本理念って?

シュタイナー教育の基本理念って?

そもそもシュタイナー教育って何?

シュタイナー教育という言葉を聞いたことがある人は少なくないのではないでしょうか。シュタイナー教育を採用している幼稚園や小中学校、高校は日本にもあるのですが、どういう教育が行われているのか詳しいことは分からないという方も多いかもしれません。

ルドルフ・シュタイナーとは

ルドルフ・シュタイナーは、1861年、オーストリアに生まれ、子どものころから哲学と文学に興味を持ちましたが、工科大学に進み、自然科学を専攻します。

しかし、ゲーテから強い影響をうけ、哲学者、思想家となり、アントロポゾフィー(人智学)と呼ばれる思想の創始者となりますが、この思想から生まれたのが、「シュタイナー教育」です。シュタイナー自身が提唱したこの教育思想は、ドイツでは一般にヴァルドルフ教育学と呼ばれています。

シュタイナーは哲学者であり思想家ですので、シュタイナー教育は、難しい言葉や難しい内容もありますが、大きな流れをとらえたいと思います。

4つの構成体

人間は4つの構成体で形作られていると言います。

■物質体(0歳に生まれる)……体そのもので、私たちの体も、引力の法則にしたがって上から下に落ちる鉱物界の物体。

■生命体(7歳ごろに生まれる)……引力の法則に逆らって下から上に伸びる力、起き上がる力、成長や繁殖をつかさどる力。

■感情体(14歳ごろに生まれる)……快・不快の感情も結びついた動き。

■自我(21歳ごろに生まれる)
……考えたり、言葉を話したり、「私」という意識を持っていること。

シュタイナー教育では、この4つの構成体が人間にはあるのだ、ということを前提にしています。この中で眼に見えるのは「物質体」しかありませんが、心の眼を働かせれば「生命体」も「感情体」も「自我」も見えるはずなのです。見えなければ、シュタイナー教育は始まらないといわれています。

七年周期説

シュタイナーの考えでは、人間は7年ごとに節目が訪れると言います。7歳までを「第一・七年期」、次の14歳までを「第二・七年期」、21歳までを「第三・七年期」と呼びます。

■第一・七年期(0歳から7歳)
最初の7年は、その後の何十年より重要な意味を持っているとシュタイナーは言います

最初の7年は、その後の何十年より重要な意味を持っているとシュタイナーは言います

この時期の課題は、体を作ることです。幼児期に体がしっかり成長することが、やがて、意志力とか行動力を生み出すための源になります。

子どもは、きれいなものを見ることによって、きれいな心が身に付き、おいしいものを食べることにより、おいしさの味覚が分かるようになります。ですから、この時期は、子どもに吸収されてよいものを身の回りに置くようにします。

また、模倣の時期でもあるので、周囲の大人は、模倣されてよい存在でなければなりません。

■第二・七年期(7歳から14歳)
この時期には、いろいろな芸術的刺激を与えることです。芸術体験によって、世界は美しいと感じる教育を目指します。

将来は思考力が必要ですが、この時期は感情体験として感じとらせるだけにしなければなりません。将来、豊かな感情を持つことを目指しています。

■第三・七年期(14歳から21歳)
この時期になって初めて、抽象概念・思考力によって、世界について広く深い認識を持てるようにします。これが、思考力、知力、判断力というものを作り出していきます。

この時期の大人は、長所も短所もある人間として、子どもに接することが大切です。ただ、教育者は、あるひとつの分野では権威をもって、子どもに接しなければなりません。

意志、感情、思考を順番通りに身につけ、バランスが取れた人を「自由を獲得した人間」だとシュタイナーは言います。

この「自由」というのは、自由放任の自由ではなく、成人して、世の中へ出て行く時、外の権威に頼ったり、世の中の動向に左右されたりしないで、自分自身の内部で考え、その考えたことには、自己の感情がこもっており、しかも、その考えたことを実行できるという行為まで伴う、そういう状態を「自由」というのです。

>> シュタイナーが考える4つの気質