親子で挑む自由研究、最初の壁がテーマ決定

親子写真

見守り、引き出すというのが親の基本スタンスです

夏休みの宿題の中でも、特に親を悩ませがちな自由研究。何度言っても自由研究を始めないお子さんに、やきもきイライラしてしまうというお父さん・お母さん、いらっしゃいませんか?

実は、テーマの決定は、自由研究のポイントの一つ。案外難しいものなのです。低学年になればなるほど、自分の知りたいことを考えて言語化するというのは困難ですし、なんとなく決めたテーマでは着地点が分からず研究を進めることが難しい場合もあります。そう、ちっとも自由研究に手をつけないお子さんは、実はどうすればいいか分からなくて困っているのかもしれません。

そこで、お父さん・お母さんの出番です! 以下の「コツ」のように、上手にサポートしてあげてくださいね。それに、自由研究をテーマに親子で話をすると、「この子はこんなことに興味を持っていたのか」と知ることもできますよ。親にとって自由研究は、我が子研究でもあるのです。この夏、ぜひ親子で楽しく、自由研究に取り組んでみてくださいね!

子どものやる気を引き出せ! テーマ決定サポートのコツ

では早速、テーマ決定に入りましょう。まずお子さんと一緒にキーワードを決定します(キーワードの挙げ方・絞り込み方はこちらをご覧ください。→ガイド記事「自由研究のテーマが決めやすくなるキーワードの探し方」)。

キーワードが決まったら、次のような方法でより具体的なテーマに絞り込んでいきましょう。

テーマ決定のポイント1― 「問い」の形にする

サッカー写真

「決まるシュートはどんなシュート?」などは、いろいろ実験もできそうですね!

キーワードと5W1Hを組み合わせて、疑問形にしてみましょう。自由研究の目的(何を知りたいのか)が明確になり、研究の逸脱も防げます。

たとえば、「サッカー」がキーワードであれば「サッカーのルールは誰が決めるの?」「サッカー選手も仕事なの?」「どんなスタジアムがあるの?」とまで絞り込めたら、実際に研究をスタートできますよね。

絞り込むときのコツは、キーワードに関連することばを使い、「サッカー> サッカー選手」のように、概念をより小さくしていくこと。「サッカー< スポーツ」のように上位の概念を持ってきてしまうと、テーマが大き過ぎて漠然とした自由研究になってしまうので、ご注意を。

テーマ決定のポイント2― 調べる

辞書を引きながら絞り込んでいくと、調べたいことの全体像がつかめる上、予備知識を得ることができます。

テーマ決定のポイント3― 比べる

「今と昔」「昼と夜」「日本と外国」など、比べてみましょう。比べることで、違いに気づき、違う理由などを知ることができます。「おじいちゃんの給食、ぼくの給食」「電車は夜どこにいるの?」「世界の夏休み調べ」など、いろいろな比較ができます。住んでいるところとお出かけ先の比較ができるのも、夏休みらしくていいですね。

次ページでは「よい面白いテーマへ子どもを導くコツ」を紹介します。