子供の教育 ガイド 森 大輔

もり だいすけ

勉強する楽しさを感じさせながら、基礎学力と思考力(考える力)を養成する学習塾「森大塾」代表。「目の前の成績を上げる」ことだけでなく、子供たちが夢を叶えるために必要な「基礎学力」「考える力」「自立学習習慣」などを育てることに重きを置き事業を展開している。

得意分野

考える力を伸ばす方法。学習習慣を身につけるコツ。成績を上げる方法。幼児教育。PISA型学力(読解力、表現力、分析力)を伸ばす方法など。

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数21

ガイドからの挨拶

「子供の教育」のガイドを務める森大輔と申します。
塾を経営し、日々子どもたちを接する中で培ってきた教育方法などについてご紹介してまいります。
教育の目的は、「成績を上げること」「受験で少しでも良い偏差値の学校に進学すること」だけではありません。
子供が将来自分の就きたい職業や夢を叶えるために本当に必要な力は何なのか、またその力はどのように伸ばすために今何をすべきなのかという長期的な観点が教育において大切だと考えています。
教育に携わる保護者さま、教育関係者さまのお役に立てますよう全力を尽くします!
よろしくお願いいたします。

ガイドの新着記事

  • デジタル時代に何故?そろばん教育ブーム再燃のワケ

    デジタル時代に何故?そろばん教育ブーム再燃のワケ

    近年、習い事の一つとして人気が復活している「そろばん」。一見すると時代に逆行するアナログの代表格とも思えるそろばんですが、いったいなぜブームが再燃しているのでしょうか?その理由は「右脳開発」にありました。

    掲載日:2016年02月21日子供の教育
  • 子供の先取り教育は効果アリ?それとも親のエゴ?

    子供の先取り教育は効果アリ?それとも親のエゴ?

    幼少期から先取り学習に取り組むこと自体は子供の成長の妨げになるものではありません。ただし本人が興味を示していないのにも関わらず、叱り付けながら無理矢理やらせてしまうと「勉強嫌い」になる危険性が高いですし、習得スピードも遅くなります。そのため、幼少期から先取り学習に取り組まれる際は、まず「こどもが興味を持っているか」「勉強を楽しんでいるか」という基準で学習内容を選ぶことが大切です。

    掲載日:2016年01月15日子供の教育