子どもの時に色々と経験をさせよう

子どもの時に色々と経験をさせよう

教育熱心な保護者のみなさんほど、幼児教育に関する本・雑誌やインターネット上の多種多様な情報に振り回され、「それで、結局何が正解なの?」と悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか?

今回は、そういった悩みを抱えている保護者のみなさんに、なるべくシンプルに「こどもに幼児期に何をさせるべきか」についてご紹介できればと思います。
   

幼児期に育てたい能力とは?

幼児期(ここでは5歳までを指すこととします。)に育てたい能力は、こどもが本格的な教育を効率的に受けられるための「土台」です。「土台」とは、思考力・言語能力・運動能力・芸術(音楽・色彩)能力などの基礎のことです。「土台」(基礎)がしっかりしていないと頑丈な家が建たないように、人間も「土台」がしっかりしていないと、本格的な教育を受けたとしても、それを身に付け、活かすことが難しくなってきます。
例えば、音の認識能力の育成は、5歳ごろを過ぎてしまうと難しくなると言われています。幼児期を過ぎてから英語を勉強しはじめた人は、英語のRとLの発音の聞き分けが出来ませんが、幼児期にネイティブの英語に触れていた人は、それを当たり前に聞き分けます。
つまり、幼児期にすべきことは、幼児期にしか育たない「土台」をしっかりと作り上げることです。過剰に先取り学習をさせたり、無理矢理知識を詰め込む必要はありません。
 

幼児期に取り組むべきこと・経験は?

では、具体的に、幼児期にはどんなことに取り組むべきでしょうか?それは、「五感を通して色々なことを体感させる」ことです。脳の神経細胞は、脳に良性の刺激を与えることにより、ネットワーク化されますが、それも幼児期まで。神経ネットワークに使われなかった神経細胞は、それ以降不必要なものとして死滅してしまうそうです。より多くの神経細胞を維持するためには、「五感を通して色々なことを経験させること」が大切です。
必ずしも「これが良い!」というものは無いので、様々なことを実感させれば良いと思います。そのため、ここでは、注意点を中心にお話します。
  • 思考力(抽象的・論理的に考える力)
言葉や数字(計算)を暗記させるだけでなく、概念や仕組みとセットで教えて理由を考える習慣を身につけましょう。また、こどもの「なぜ?」に丁寧に答えてあげましょう。
  •  言語能力
複数の言語を平行して習わせる場合は、しっかりと使う場面を分けましょう。また、英語と日本語を同じ文の中で使わないように。また、ネイティブの発音を聞かせるようにしましょう。保護者の方が英語のネイティブで無い場合は、市販のCD・DVD教材などを活用してください。
  • 運動能力
水泳のような全身運動がオススメです。公園で親子で走り回ったり、遊具で遊んだり、ボール遊びをするだけでもしっかり全身を使うことができます。逆に野球やテニスや卓球などのスポーツは、体の左右のバランスが崩れるため、幼児期にはあまりオススメは出来ません。
  • 音や色に対する能力
様々な音やリズムや色に触れさせましょう。出来る限り自然なもの(音楽ならクラシック・色なら絵の具などで描かれたもの。生演奏や実物鑑賞。)がよいでしょう。実際に楽器を習ったり絵を描いたりすることも大切です。
 

嫌いになってからだと大変

ここでは、異なる視点から幼児教育についてお話します。
これは私の塾の子供たちを見ていて感じることですが、勉強が苦手な子の問題は、能力的なことよりも勉強が「嫌い」であることです。「嫌い」なものを「好き」にさせるには、相当な労力が必要です。その反面幼児期から通っている子供は、勉強を遊びの延長(むしろ遊びと変わらない)として考えている子が多いので、小学校に進学しても、勉強が嫌いにならない子供が多いです。
「子供にいずれ時期が来たらさせよう」と思っていることがある方は、是非嫌いになる前に、幼児期から取り組ませてください。
 

子供に「満遍なく触れさせる」それで十分

幼児教室や保育園・幼稚園などで他の保護者や子供と接すると、「うちの子は○○ちゃんより勉強が遅れてるわ。」など比較をしてしまいがちだと思います。しかし、それは今時点での話であって、周りより勉強が出来るからと言って子供が幸せになれるとは限りません。
親の子供に対する教育のゴールは「子供が大人になったとき、あらゆる職業に就く可能性を育てること」です。そのためには、「満遍なく触れさせる」ことで十分です。そういった経験をした子供は自分のやりたいことを見つけたとき、幼児期に見つけた土台を踏み台にして自力で成長できるはずです。是非お子さんと色々なことに楽しみながらチャレンジしてみてください。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。