はじめはみんな絵を描くことが好き

こどもは、思うがまま自由にのびのびと絵を描いていきます。こどもにとっての〈絵画活動〉は、自分を表現するものであり、コミュニケーションをとる手段でもあります。

こどもはみんなお絵かきが大好き!

こどもはみんなお絵かきが大好き!

誰もが経験した楽しいお絵かき。ほとんどの人は、絵を描くことに夢中になった時期があったのではないでしょうか。それなのに、いつ頃からかあまり描かなくなってしまい、あるいは描くことが嫌いになってしまう人も出てきます。その要因にはいろいろありますが、こどもの頃に経験したことが大きく影響するといえます。そこで、今回はこどもの絵画発達を妨げる5大NGについてお話しましょう。


NG1:「上手」とは言わない

こどもの絵をほめるとき、何と言ってほめますか? 「上手だね」「上手いね」などよく使われる言葉ですが、実はこの言葉には注意を払う必要があるのです。「上手」を裏返すと「下手」になります。園や学校で、先生はあの子には「上手」とほめていたけど、自分には言ってくれなかった。だから自分の絵は下手なのでは……。など、直接「下手」と言われてなくとも、こどもはそう感じ取ってしまいます。

芸術家であり臨床美術の先駆けとなった金子健二氏は、「上手」「下手」という言い方は一切せず、具体的に良いところを見つけてほめることが大切だと言っています(※)。

「上手」「下手」の評価ではなく、こどもの絵から抱いた感情や制作の過程、またこどもの目線になって認めほめましょう。

※【参考文献】
『金子健二の言葉から学ぶ臨床美術のポイント 触れる、聞く、ほめる』芸術造形研究所[編] 日本地域社会研究所 2008年

NG2:けなさない・比べない

せっかく楽しく描いた絵をけなしたり、他の子と比べられてしまったら、どう感じるでしょうか? これはこどもばかりに言えたことではありません。おとなでも同じ感情を抱くことは間違いないでしょう。

比べる相手は友だちばかりではありません。兄弟でも言えることです。「お兄ちゃんは、こんな素晴らしい絵を描くのに、あなたの絵は何だかねぇ」など、親から比べられてけなされてしまった下の子は、絵を描くことがまず嫌になり自信を失います。逆に上の子は自分の絵に誇りを持ち優越感を味わうのですが、親が気軽にけなした言葉を聞き、こどもも同じく真似るようになります。親は、上の子下の子それぞれ配慮していく必要があります。

>>>次は無理強いをしないことについてです