「魅せる足の新基準!」ヘルシーな足を作ろう!

「むくみナシ!」「艶のある肌!」「程よい肉付き」これが「ふくらはぎの美基準」

「むくみナシ!」「艶のある肌!」「程よい肉付き」これが「魅せる足の新基準」

春の訪れを告げるかのように、冬のグレーやブラックなダークカラーから一転して、今年の春夏のトレンドである、ネオンカラーが街にあふれています。そう!もう春はすぐそこまで来ているのです。今すぐふんわりスカートでお出かけしたい気持ちにもなりますが、気持ちとは裏腹にパンツを脱げない現実が。それは、冬の間に人目にさらされる機会の少なかった、ふくらはぎの存在です。パンツはもちろん、ブーツやタイツで何とか隠せてきたけれど、そろそろ人前にお披露目する時期です。でも、今すぐは無理!という女子に向けて「ほどよいふくらはぎ」のつくり方をご紹介しましょう。

ここであえて「ほどよい」と言うのは、多くの女子は「ふくらはぎ=とにかく細い」ことを望みがちですが、棒のようなお人形足は正直魅力に欠けます。少しぐらいお肉がついていても、足首とふくらはぎに差があり、艶のある肌、「思わず触れたくなる足」それが美脚なのです。「なーんだ」と思ったあなた、あなたの足は象のようにむくんではいませんか? カミソリ負けしていたり、白く粉をふいた乾燥した肌ではありませんか? 「むくみ」に関して言えば、女子の場合は、生理前や筋力がないために生じやすいことも忘れずに。

生理前の対処法としては、塩分の少ない食事を心掛けましょう。または、塩分を排出する働きがある、カリウムを多く含む、野菜(キュウリやセロリなど)やフルーツ(バナナ、オレンジなど)、海藻類(昆布、わかめなど)、小豆、などを摂るようにしましょう。筋力のない場合は、軽いストレッチやエクササイズで循環のいい環境を作ってあげましょう。

さて今回は、むくみや生理不順やデトックス効果もある、女子にとって嬉しいヨガポーズを2種類ご紹介しましょう。