ウパヴィシュタ・コナーサナ(開脚前屈のポーズ)

ウパヴィシュタ=座る コーナ=角 という意味

このポーズは、多くの人が苦手な開脚と前屈の組み合わせです。難易度が高いように思われますが、ポイントは「背骨をまっすぐ伸ばす」「ハムストリングスと足の付け根の伸びを感じる」ことです。背骨が伸びにくい場合は、ブランケットの上にお尻を乗せると骨盤が立ちやすく、背骨もまっすぐ伸びるようになります。くれぐれも無理のないように動作してみて下さい。

■効果:ふくらはぎ、太腿、ハムストリングス(太腿裏)、 股関節、 膝、 背骨
骨盤周辺の血行を促進させるので、婦人系疾患に効果あり。女性ホルモン分泌を促す。坐骨神経、月経不順を正常化させる 腎臓の解毒及び、内臓の活性化 脳を落ち着かせる
■注意する点:膝に故障がある場合は、無理のない範囲で行いましょう。(
例えば、ブランケットの上に座り、足が伸ばせる範囲で実践)

■やり方:

動作1

動作1

1. 両足を大きく開き、腰、背骨をまっすぐ伸ばします。この時、お尻が後ろに落ちてお腹が丸まりやすいので、両手を太腿後ろの床につけ、お尻を前に押し出し骨盤が立つようにしましょう(腰、背骨まっすぐ上に伸ばすイメージ)もしくは、足の開きを小さくし骨盤が立つ位置を見つけましょう。

両手は足の上に置き、踵を前に押し出し脚裏を伸ばし、この姿勢で5呼吸ほど繰り返します。


動作2

動作2

2. 脚裏が伸びてきたら、手の位置を置きやすいところ(脛、足首、もしくは親指をつかむ)に置き、大きく息を吸いながら背骨をさらに天井方向へ引き上げ伸ばし、息を吐きながらゆっくりと上体を前に倒します。



 
動作3

動作3

3. さらにそのまま上体を深く倒せる人は、お腹、胸を床に沈めるイメージで上体を倒し、そのまま5呼吸ほど繰り返しましょう。


 
いかがですか? どちらのポーズも普段伸ばす機会の少ない部位なので、最初は自分の硬さにショックを受けるかもしれません。しかしながら、継続することで体は確実に変化すると共に、毎月の辛い時期も笑顔で過ごせるようになるはずです。ぜひ、習慣にしてみて下さい。


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でヨガ用品を見る

Amazonでヨガ用品を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。