背中のはみ出し肉の正体を知れば、背中の脂肪燃焼効果も倍増!

背中の脂肪燃焼エクササイズ

背中で魅せる!エクササイズで引き締めて、毎日のお手入れで超絶背中を目指す!

背中にムダ肉がつきやすいのは、言葉通り体の背後にあり、目が届かない部位だからです。しかし、このムダ肉が余計に太く見せていたり、「おばさん臭さ」や「疲れた雰囲気」をアピールしてしまうのです。危機感を感じた人は、今すぐ!エクササイズでムダ肉を落としていきましょう!

今回ご紹介するエクササイズは、短時間で効果の出やすい3種類をご紹介します。
 
効率よく体脂肪を落とすには、鍛えるべき筋肉を意識しながら動作することが大切です。背中の筋肉は大きく分けて3つあります。まず、「僧帽筋(そうぼうきん)」と「広背筋(こうはいきん)」です。僧帽筋とは、首から背中中央、首から肩、肩から背中中央を結ぶ三角形の筋肉のこと。僧帽筋の衰えは肩こりの原因になるともいわれています。広背筋とは、腕の下から背中後方へかけて、背中を広く覆う筋肉のこと。そして、もう1つ「脊柱起立筋群(せきちゅうきりつきんぐん)」です。13個の筋肉の総称で脊柱の両側を平行に走る筋肉です。骨盤から脊椎をつないでいる、表面からは見えない細長い深部筋肉群です。正しい姿勢をとるだけで疲れる……という人は、この筋肉群が衰えている可能性があります。

この3つの筋肉を刺激し、筋力をアップさせることで、背中肉をスッキりさせることはもちろん、痩せやすいカラダへと近づけていきます。それは、ご存じの方は多いと思いますが、背中側に多く存在する赤筋は、白筋に比べ、体脂肪を2倍も燃焼してくれるので、背中を鍛え、筋肉の質をあげていくと、基礎代謝がアップし、寝ている間でも余分な体脂肪を燃焼してくれるようになります。(※筋肉は、持久力に優れる赤筋、瞬発力に優れる白筋があります)


<Index>  

背中の脂肪燃焼エクササイズ1
背中をほぐして痩せやすい土台を作る

このエクササイズでは、主に僧帽筋、広背筋を伸ばすストレッチ効果と、筋肉を刺激するエクササイズ効果が期待できます。大きく体をねじる動きのため、それだけ赤筋を大いに刺激してくれます。

動作1

動作1

1.スモールボールまたはクッションなどを用意しましたら、足は肩幅よりも大きく開きましょう。

 
動作2

動作2

2.スモールボールを胸の前に押し出します。

 
動作3

動作3

3.ゆっくりとそのまま右膝を曲げ、ボールを右方向へ。この時、腕をクロスし、腕を絞るように動作しましょう。

 
動作4

動作4

4.ゆっくり正面に戻り、反対側も同様に動作しましょう。左右15回ずつを目安に動作しましょう。







 

背中の脂肪燃焼エクササイズ2
痩せ体質に効果的! 脊柱起立筋を鍛える

このエクササイズでは、腕と体幹を使い動作します。ポイントは、お腹の力が抜けて腰が反らないように腹筋、背筋で腰を守るように動くことです。腕の力も使いますが、女性は肩や肘、手首など関節が弱いので痛めないためにも、肩甲骨の背骨を天井に押し上げるようにしましょう。

 

動作1

動作1

1.両手を床につけ、膝を床につけます。

 
動作2

動作2

2.両膝を床から離し、目線は両手の間におろします。この時、腰が反らないように注意しましょう。

 
動作3

動作3

3.ゆっくり膝を床に戻します。この動作を10回を目安に動作しましょう。

 
最後は超絶美人になるスペシャルエクササイズです。

 

背中の脂肪燃焼エクササイズ3
腹筋力、体幹力アップで背中美人になる

このエクササイズでは、さらに足を屈伸させることで腹筋力をつけ、お尻から太腿も引き締めます。このポーズをキープしながら動作するだけでも、自然と体幹力がつくので、お腹回りもぺったんこに近づくはずです。

 

動作1

動作1

1.手首の真上に肩が来るように両手の平を床につけます。そのまま膝を伸ばします。この時、肩甲骨の間の背骨を天井に押しあげ、腰が反らず、膝も曲がらないように注意しましょう。そのまま、数回呼吸を繰り返します。

 
動作2

動作2

2.右膝を曲げ、膝と胸を近づけます。この時お腹を丸めるように腹筋で膝を床から遠く引き上げるイメージで動作しましょう。

 
動作3

動作3

3.右足を元の位置に戻し、左足も同様に動作しましょう。この動きを5回ずつを目安に動作しましょう。

 
いかがですか?運動を習慣にしていない女子にとっては、少々辛い動きかも知れませんが、自分では見えない背中だからこそ、誰よりも意識して鍛え、綺麗にしておく必要があります。鏡で自分の後ろ姿をチェックして、ムダ毛や肌が荒れていないか?背中の今の姿も確認してみて下さい。意識すること、ケアをすることで、あなたも背中美人の仲間入り!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。