女性にとって冷えは天敵!

女性の美容と健康を保つために「冷え」は天敵だということは皆さんご存知ですよね。冷え対策にはいろいろありますが、簡単にできて効果を感じられるのは、上手に冷え対策用の下着を取り入れるということです。すでに冷え対策用に下着を着ている人も多いと思いますが、若い女性の中には「冷え対策下着って何だかオバさんくさい」ということでなかなかチャレンジできていない人もいるのでは。

最近の冷え対策下着は、シンプルなものからアウターを意識したアイテム、そしてとてもかわいいアイテムまで幅広く登場しているので、自分の用途に合わせて賢く冷え対策下着を取り入れて、美と健康を保つことをオススメします。

冷えを防ぐ下着選びのポイント

あったか下着は伸縮性のあるタイプを

あったか下着は伸縮性のあるタイプを

下着で効果的に体を温めるポイントは、首、手首、足首を温めること。女性はさらに腰とお腹を温めることで冷え対策になります。首は、頭を支えているために筋肉が緊張していて血液の流れが悪くなりやすいものですが、首や手首・足首を暖めると、滞りやすい血流が良くなることで全身の血流が良くなります。

また、冷え対策に優れている素材としては、羊毛やシルク、カシミア、アクリル、綿や、遠赤外線素材などの発熱素材などです。熱伝導率が低く保温性が高い化学繊維は吸湿性が低いので汗を吸わず中でムレてしまいます。 このムレが冷えの元になりますので、出来るだけ天然素材のものを選ぶようにしましょう。

最近ではお手持ちの冷え対策インナーに加え、シルク素材のアイテムを組み合わせると、より冷え対策ができると言われています。シルクは肌に触れると保温・保湿効果がより高まります。その上吸った汗を蒸発させますのでムレを防いでくれます。また、シルクには身体の毒素を吸収して外に出す力があるといわれているので、下着として取り入れると効果的なのです。

選ぶ大きさとしては、サイズに多少ゆとりがあるタイプのもののほうが洋服と洋服の間に空気の層が出来、より保温効果も感じられます。さらには、動いた時に体の動きによくフィットしてくれる伸縮性のあるものをできるだけ選ぶようにしましょう。

下半身の冷え対策は女性にとって必須

下半身の冷え対策は女性にとって必須

また、アイテムとしては、トップスに暖かいインナーを着るだけで体全体が温まるような気がしてしまいますが、実は冷え対策をするには、上半身以上に下半身を温めることのほうが大切です。特に女性は子宮を冷やしてはいけませんので、腹巻やレッグウォーマーなどを履くことで、お腹まわりや腰、足首を中心とした下半身がいつもあったまっている状態を作りましょう。


春から夏も冷え防止下着は必須

夏でも上手に冷え対策インナーを

夏でも上手に冷え対策インナーを

冷え対策下着は冬にだけ着ればいいと思っていませんか? 決してそんなことはありません。春から夏の季節において、外で汗をかきクーラーのついた部屋に入ったとき「寒い!」と思ったことはありませんか? 肌に残った汗は体の体温を奪うばかりか、冷房のきいた場所では急激に体を冷やしてしまいます。

これを放っておくと、春や冬でも冷え性になってしまいますので日頃からお腹まわりを温めたり、温度調節をしてくれるインナーを着ることで「冷え」から守ってあげることが大切です。

夏のインナーは、冷えの原因の汗を素早く吸収、発散するものを選びましょう。
また、アウターにひびきにくいシームレス仕様のタイプを選ぶと春や夏には便利です。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。