ニオイの予防と対策

デリケートゾーンのニオイの原因が、不衛生による雑菌の繁殖であることがわかったら、その対策は、どのようにすればよいのでしょうか。まずは、身に着ける下着は、いつも清潔なものにすること。経血などで下着が汚れてしまった場合は、洗浄力の高い漂白剤でつけ置きするなどを心がけてください。汗をかいた時には、すぐに履き替えるようにするのもよいでしょう。生理中は、長時間同じナプキンを使用しないようにすること。おりものの量が多い人は、おりものシートを利用するようにしましょう。

水分摂取をこまめに行うことも、皮脂と汗の分泌量の調整を正しく保つ上で大切。お茶やジュースではなく、浄水をしっかり摂取するようにしましょう。1日1.5リットル以上を目安にするのが、健康的な摂取量です。夏場は、どうしても冷たいお水を飲みたくなってしまいますが、冷水は体の臓器を冷やしてしまうので、常温のお水を摂取するように心がけてください。

トイレに行ったときに、ウォッシュレットを使うのもおすすめします。入浴時に、陰部をしっかり洗うようにしましょう。デリケートゾーンの皮膚は弱いので、ボディシャンプーは、弱酸性で肌に優しいものを使うようにしましょう。

後、アンダーヘアの処理を行うのもおすすめです。アンダーヘアの処理については、まだまだ意識が低い人の方が多いですが、長く伸ばしっぱなしよりも、短く整えておいたほうが、清潔に保ちやすくなります。最近では、エステティックサロンや美容クリニックなどで、さまざまなアンダーヘアの脱毛法が提案されていますが、信頼できるサロンやクリニックでレーザー脱毛を行うのもよいでしょう。

デリケートゾーンのお手入れのポイントは、「いつも清潔に」

アンダーヘアの処理を

アンダーヘアの処理を

水着になったときなどに見栄えが悪いからだけではなく、ニオイの原因対策としてもアンダーヘアの処理は大切です。尿や経血、おりものなどがアンダーヘアに付着したまま放置されることで、不衛生になりがちだからです。また、痒みの原因の多くは、陰部に発生する雑菌ですが、アンダーヘアを短く整えておくことで、むれにくくなり、痒みの対策にもなります。アンダーヘアが下着と皮膚にこすれて刺激になることで、痒みの原因になっている場合もありますので要注意。

レーザー脱毛を行う場合には、皮膚が痛まないように保湿や専用のクリームなどを使用してください。カミソリでの自己処理を行う場合には、カミソリ負けしないように専用のシェービングクリームを必ず使用してください。

パートナーがいる方であれば、セックスの前後にも、不潔にならないように気をつけてください。アンダーヘアに精液がついたまま下着を着用すると、タンパク質が主成分である精液が雑菌の栄養となって、これまたニオイの原因になりやすくなります。

セックスの時、デリケートゾーンが痒かったりにおったりしていては、肝心の行為そのものにも集中できなくなってしまいますし、ちょっと興ざめしてしまいますよね。

「見えない部分だから」と手を抜くのではなく、見えない部分だからこそ、とりわけ入念なケアをしてあげることが、大人のマナーなのではないでしょうか。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。