牛肉のトマト煮 焼きなすのクリーミーソース添え

所要時間:60分

カテゴリー:サブのおかず煮物

 

牛肉のトマト煮 焼きなすのクリーミーソース添え

オスマン帝国の君主である“スルタン”が気に入って食していたといわれるトルコ料理のひとつ。一度口にして以来、私が偏愛してやまない料理です。
トルコでの料理名は、「ヒュンキャル・ベェーンディ」。直訳すると、「皇帝のお気に入り」。まさにそのまま。

肉のトマト煮込みに、焼きなす入りのクリーミーなソースを合わせたリッチな味わいは、パーティー料理など、特別の日の料理にピッタリ。野菜がたっぷり入った2種類のソース使いが、いつもの料理を大変身させてくれます。本来は、焼きなすのソースにチーズを加えますが、ここでは、私好みにチーズを加えておりませんので、お好みで溶けるタイプのチーズを加えてどうぞ。さらに濃厚な味わいになりますよ。

牛肉のトマト煮 焼きなすソースの材料(2人分

牛肉のトマト煮
牛肉 300g(煮込み用:角切り)
たまねぎ 1個(中:みじん切り)
トマト 1個(中)
トマトペースト 大さじ1
ニンニク 1片(みじん切り)
タイム 1枝
ローリエ 1枚
少々
ブラックペッパー 少々
オリーブオイル 適量
焼きなすのクリーミーソース
なす 4本
レモン汁 小さじ1
牛乳 150ml
小麦粉 10g
バター 10g
少々
ホワイトペッパー 少々
トマトはすりおろして使用しますが、皮はこの料理には使いません。

牛肉のトマト煮 焼きなすソースの作り方・手順

牛肉のトマト煮 焼きなすのクリーミーソース添え

1:

鍋にオリーブオイルを入れ、にんにくを加えて弱火にかける。香りが出たら、牛肉を入れて中火で炒め、表面に焼き色がついたら玉ねぎを加える。玉ねぎがしんなりしたらトマトペーストを加え、トマトのすりおろし、タイム、ローリエ、牛肉がひたるくらいの水(分量外)を加え、蓋を少しずらして牛肉がやわらかくなるまで煮る。塩、ブラックペッパーで味を調える。


2:

なすはフォークで所々穴を開け、焼き網か魚焼きグリルで表面が黒く焦げ、中身が柔らかくなるまで焼く。冷めたら縦半分に切り、中身をスプーンでこそぎとる。包丁で刻み、レモン汁を加えて混ぜ合わせる。 ※なすはやや粗めに刻むことがポイント。

3:

鍋にバターを溶かし、弱火で小麦粉を炒める。ひと肌くらいに温めた牛乳を少しずつ加え、なめらかになるまでかき混ぜる。塩、ホワイトペッパーで味を調える。2を加え、しっかりと混ぜ合わせる。

4:

器に3、1の順にのせ、イタリアンパセリを飾る。

ガイドのワンポイントアドバイス

肉は牛肉のほか、羊肉、鶏肉でもおいしくいただけます。鶏肉の場合は、骨付きもも肉を使うと、旨さと華やかさが増し、さらにおもてなし料理として最適な1品になります(トルコはイスラーム教徒が多いため、豚肉は食しません)。あれば、パプリカパウダーを少し加えると、香りと旨味がアップします。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。