文旦の砂糖菓子の作り方・レシピ

カテゴリー:、砂糖菓子

 

文旦のもう一つの楽しみ、砂糖菓子

残りものの活用?! いえいえ、立派な砂糖菓子に変身!柑橘類の中でもとりわけ大きい文旦はザボンとも言われ、グレープフルーツ、八朔、夏みかんなどお馴染みの果物の仲間です。この中でも特に上品な味わいの土佐文旦は、この季節のおいしい果物としてとても重宝しますね。果肉は爽やかな香りと品の良い甘味が特徴です。そしてその果肉を大事に包み込んでいる厚い果皮。今回はこの果皮を使って、おいしい砂糖菓子を作ってみましょう。

文旦の砂糖菓子の材料(4人分

文旦の砂糖菓子
文旦 文旦の皮 2個分(約300g)
グラニュー糖 (中)文旦の皮の50%(150g)
白ワイン 100ml

文旦の砂糖菓子の作り方・手順

文旦の砂糖菓子の作り方

1:

文旦の皮をむき、白いわたは包丁で半分ほど削ぎ落とします。鍋に水と文旦の皮を入れ、沸騰したら取り出します。

2:

冷水で水洗いをして軽く絞り、また茹でて冷水に取り水洗いするを、3回ほど繰り返しアクを取り除きます。

3:

一晩水に浸けておきます。これで独特の苦みが取れます。

4:

文旦の皮の水気を切り、1cm幅の短冊に切り、グラニュー糖、白ワインを振りかけ30分ほど置いておきます。中火で30分ほど煮詰めます。鍋に入れたまま冷めるまでしばらく置いておきます。

5:

充分冷めたら網にのせ、1日以上充分に乾かします。

6:

皮が乾き、透明感が出てきたらグラニュー糖を絡ませます。

7:

お抹茶にもコーヒにもおすすめのおいしい砂糖菓子です。また喜ばれる手みやげにもぜひおすすめです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。