圧力鍋で冬の人気惣菜!ぶり大根

所要時間:20分

カテゴリー:メインのおかずぶり大根

 

圧力鍋で旨みたっぷり ぶり大根

厳寒のぶりは脂がのり寒ブリと呼ばれています。とくにアラの部分のおいしさは格別ですね。また冬大根は甘みがまし煮物するとおいしいです。この組み合わせは冬の定番惣菜ぶり大根として人気があります。

ぶりのアラの旨みを大根にしっかりしみ込ませべっこう色の染まった大根。圧力鍋を使えば短時間で作れます。ポイントは自然に圧力が抜けるまでそのままにして、充分に味がしみ込むようにします。

ぶり大根の材料(4人分

ぶり大根
ブリ 500g アラを使用
大根 500g
100ml
醤油 50ml
砂糖 大さじ2
100ml
昆布 だし昆布 10cm
柚子 適量
ねぎ 白い部分 適量

ぶり大根の作り方・手順

ぶり大根

1:ぶりにふり塩をしてから、湯通しをする

ぶりにふり塩をしてから、湯通しをする
今回はぶりのアラを使っています。食べやすい大きさに切り、ふり塩をして10分ほど置きます。大根は皮をむき、大き目の乱切りにします。ふり塩したぶりは、80度くらいの湯に、さっと通し表面の色が白く変わったら冷水に取ります。

2:ぶりの血合いを洗い流し、水気を取る

ぶりの血合いを洗い流し、水気を取る
残っている血合いやうろこなどをきれいに取り除き、水気を切ります。

3:圧力鍋に調味料を入れ、煮立てる

圧力鍋に調味料を入れ、煮立てる
圧力鍋に酒、醤油、砂糖、水を入れて煮立てます。

4:ぶり、大根、出し昆布を入れる

ぶり、大根、出し昆布を入れる
大根、ぶり、そして出し昆布をのせ、圧力鍋の蓋を閉めます。

5:高圧にあわせ強火で、圧力がかかったら弱火で5分間煮る

高圧にあわせ強火で、圧力がかかったら弱火で5分間煮る
高圧にあわせ強火にかけます。圧力がかかったら弱火で5分煮て火を止めます。自然に圧力が抜けるまで置いておく。

6:圧力が抜けるまでしばらく置いておく

圧力が抜けるまでしばらく置いておく
圧力が抜けるまで置いておくことで、大根に味がよく染みこみます。

7:器に盛り、白髪ねぎと柚子の千切りを飾る

器に盛り、白髪ねぎと柚子の千切りを飾る
出し昆布は食べやすい大きさに切り、大根、ぶりと器に盛り合わせます。白髪ねぎ、柚子の千切りを飾ります。

ガイドのワンポイントアドバイス

ぶりは切り身でもいいですが、値段も安く旨みもたっぷりなアラをおすすめします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。