ゴーヤのツナ和えの作り方!おすすめ野菜レシピ

所要時間:15分

カテゴリー:サブのおかず酒の肴

 

ゴーヤのツナ和えの作り方!おすすめ野菜レシピ

沖縄野菜でおなじみのゴーヤーは、健康野菜としても知られています。その理由はビタミンCと苦味成分。実はゴーヤーは野菜の中でもトップクラスのビタミンCを含んでおり、その量はレモンなどの柑橘類に匹敵するほど。また、個性的な苦味には覚醒作用と食欲増進効果があります。

今回紹介するゴーヤーのツナ和えは、ゴーヤー料理の中でも簡単で、味付けもピシャリと決まる一品。ゴーヤーの苦味が食欲をそそり、驚くほどはまる味です。ガイドの大好物で、新鮮なゴーヤーが手に入ると思わず作ってしまう一品です。
 

ゴーヤーのツナ和えの材料(2人分

ゴーヤーのツナ和え
ゴーヤ 1/2本
ツナの缶詰 1/2缶
小さじ1

ゴーヤーのツナ和えの作り方・手順

ゴーヤーのツナ和えを作る

1:ゴーヤーを切る

ゴーヤーを切る
ゴーヤーを洗い、縦半分に切ったら白いワタをスプーンでくりぬきます。

切り口を下にし、横に置いたら端から5mm幅の細切りにします。

2:ゴーヤーの下ごしらえをする

ゴーヤーの下ごしらえをする
切ったゴーヤーをボウルに入れ、塩を加えてもみこみ、10分ほど置いて苦味抜きをします。

3:ゴーヤーとツナを和える

ゴーヤーとツナを和える
しんなりしたゴーヤーを水で軽く洗い、水気をよく絞ります。

水気を絞ったゴーヤーに油分を切ったツナを和えて、できあがりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

今回は塩でもみこんで10分置いておきましたが、苦味が平気な方は5分、苦味が苦手な方は15~20分ほど置いた方がよいです。また、もぎたてで鮮度の高いゴーヤーは苦味がほとんどないので、苦味抜きがいらないほどです。ですのでゴーヤーの下ごしらえは、味の様子を見ながら調整してみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。