安いひき肉でもおいしく作れるボロネーゼ

所要時間:45分

カテゴリー:ソースミートソース

 

安い肉で激ウマボロネーゼ・ソースが作れる

 水島弘史の調理の科学シリーズ、安い食材でもおいしくできる「毒だしレシピ」がはじまりました。水島先生に今回特別に教えていただいたいのは、ボロネーゼ、いわゆるミートソースのレシピ。安いひき肉でも臭みや脂っぽさがなく、トマトの酸味や旨みが引き立つ、おいしさです。

スパゲッティ・ボロネーゼの材料(2人分


スパゲッティ・ボロネーゼの作り方・手順

作り方

1:

 みじん切りにしたにんじん、たまねぎ、セロリ、マッシュルームをフライパンに入れ、サラダ油をからめて弱火で15分ほどいためる。日本酒を加え、アルコールが飛んだら1cm角にざく切りしたトマトとバジルを加え、トマトが煮くずれたら火を止める。

2:

別の小鍋でバルサミコ酢を弱火で煮詰める。煮詰まったら赤ワインを加え、アルコールを飛ばす。

3:

ひき肉の臭みを取る「毒出し」をする。別のフライパンにひき肉を入れ、ひき肉の半分弱の高さまでサラダ油を加える。油のなかでひき肉をほぐし、弱火にかける。菜ばしで常に混ぜながら加熱し、ひき肉が白っぽくなり始めたら(40~45℃ぐらい)、一度油ごとザルに入れて、油を切る。

4:

ひき肉をフライパンに戻し、弱火でいためる。出てきた油脂分をキッチンペーパーでふき取る。ひき肉が全体的に白くなったら、みじん切りのにんにくを加え、にんにくが透き通るまでいためる。

5:

2を加え、フライパンを傾けて水分が流れなくなるまで煮詰める。

6:

5を2のフライパンに入れ、トマトジュース、塩、ナツメグ、黒こしょうを加え、弱い中火で煮詰める。半量程度まで煮詰まったらバジルを取り出し、バターを加えて溶かす。

7:

袋の指示通りにゆでたスパゲッティを6に加える。ソースとパスタをからめたら、皿に盛りつけ、パセリをあしらう。好みでパルメザンチーズをふる。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。