まぐろのスタミナステーキ

温性の食材でヘルシーな和風ステーキ♪


「陽虚」チェックをしてみよう!

薬膳は、中医学の理論にもとづき、生薬や食材をあわせて健康を維持したり、治療に役立てる料理のことをいいます。中医学の理論で重要なひとつは、その人の体質やその日の体調といった「証(しょう)」にあわせることです。以下のチェックで3つ以上あてはまれば、アナタは立派な陽虚タイプといえるでしょう。

□ 寒がりである
□ 手足がいつも冷たい
□ クーラーが苦手
□ 顔色が白っぽい
□ トイレが近い
□ 尿色が薄く、量が多い
□ 下痢気味


陽虚タイプは、カラダを温める機能が不足していて、気虚が進んだ状態ともいえます。虚弱体質だけでなく、ストレスや疲労なども原因のひとつです。ちなみにぞくぞくっと寒気のするカゼや、冷たいものの食べ過ぎなどの、外からの邪気や影響で起こるものを実寒証(じっかんしょう)と呼び、臨床では分けて考えます。

■陽を補う食材
しょうが、ねぎ、にんにく、唐辛子、こしょう、山椒、羊肉、鶏肉、海老、まぐろ、さけ、ニラ、かぼちゃなど

今回はこの中から「まぐろ」をピックアップし、「しょうが」「にんにく」「ねぎ」「こしょう」を調味料に使ったステーキを作ってみました。お魚にも温性のものは意外と多く、上記の食材以外にもいわし、さんま、あじ、さばなどの青背の魚はカラダを温め、元気をつけたり胃の機能を補うものが多くあります。

「まぐろのスタミナステーキ」の材料

材料

まぐろは温性で気や血を補う。虚弱体質にもオススメ!

<2人分> 
まぐろの刺身……150g
塩、黒こしょう……少々
A しょうがのすりおろし……1片
A にんにくのすりおろし……1/2片
A 酒、みりん、しょうゆ、水……各大さじ1
万能ねぎ……少々
オリーブオイル……適量

「まぐろのスタミナステーキ」の作り方

1 まぐろはキッチンペーパーなどで水気をふき、表面に塩、黒こしょうをまぶす。
2 フライパンにオリーブオイルをいれて熱し、1の表面を焼き、スライスして器に移す。
3 2のフライパンにAを入れ、火にかけてソースをつくり、2にかける。小口切りの万能ねぎをのせる。

「まぐろのスタミナステーキ」のポイント

まぐろは刺身ばかりでなく、このように加熱したり、ねぎま鍋などにすると胃腸にも優しく、消化にいいです。なお、同じ温性の鶏肉でつくってもおいしいですよ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項