イメージ

オイスターソースでなく、和風でもOK!「牛肉とさやいんげんと椎茸の炒め物」

気の不足をチェックしてみよう!

薬膳は、中医学の理論にもとづき、生薬や食材をあわせて健康を維持したり、治療に役立てる料理のことをいいます。中医学の理論で重要なひとつは、その人の体質やその日の体調といった「証(しょう)」にあわせることです。以下のチェックで3つ以上あてはまれば、アナタは立派な「気虚」タイプといえるでしょう。

□ 疲れやすい
□ 元気がない
□ カゼを引きやすい
□ 日中ダラダラと汗をかく
□ 食欲がない
□ 声が小さい
□ 舌が幅広く、だらっとしている


「気」というのは、カラダを構成している「気・血・水」という3つの基本物質のなかでもっとも重要な役割をもち、カラダを動かす原動力になっています。カラダを温めたり、外敵から邪気が体内に入らないようにバリアしたり、内臓が下がらないように固定したり、汗をコントロールしたり、新陳代謝を促がす働きがあります。

■気を補う食材
米、長いも、さつまいも、じゃがいも、なつめ、大豆、さやいんげん、椎茸、まぐろ、いわし、牛肉、鶏肉、卵、ぶどう、ハチミツ、朝鮮人参など

今回はこの中から牛肉、さやいんげん、椎茸をピックアップし、中華風の炒め物にしてみました。さやいんげんがなければ、大豆やグリンピースでもOKですし、じゃがいもを入れても美味しいですよ!

「牛肉とさやいんげんと椎茸の炒め物」の材料

イメージ

使う食材はいたってシンプル!

<材料> 2~3人分
牛肉……200g
A 酒、しょうゆ……各小さじ2
A 片栗粉……大さじ1/2
A サラダ油……小さじ1
A コショウ……少々
さやいんげん……50g
椎茸……4枚
B オイスターソース……大さじ1
B しょうゆ、酒……各大さじ1/2
B 砂糖……小さじ1
B 片栗粉……小さじ1/2
B 水……大さじ2
サラダ油……適量

「牛肉とさやいんげんと椎茸の炒め物」の作り方

1 牛肉は食べやすい大きさに切り、Aで下味をつけ、10分ほど味をなじませる。さやいんげんは筋をむき、少量の塩を入れた湯で下茹でしておく。椎茸は石突をとり、そぎ切りにする。
2 フライパンにサラダ油を引いて火をつけ、牛肉、椎茸、さやいんげんの順に炒める。合わせておいたBの調味料を回しかけ、絡めるように炒める。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項