秋といえばスポーツの秋、食欲の秋、読書の秋……といろいろありますが、やはりガイドとしてオススメは「薬膳の秋」です。美味しくってもちろんカラダにいい薬膳で、実り豊かな秋を満喫しましょう! 今回はぶるるん美肌になっちゃう、美味しい中華風茶碗蒸しをご紹介します。

image
ヘルシーでトロ~リ美味しい! ハマグリの出汁が決め手


【 INDEX 】
・美肌ポイントはハマグリ・白きくらげ・タマゴ⇒ p.1
・ぷるるん美肌になる中華風茶碗蒸しレシピ ⇒ p.2

美肌ポイントはハマグリ・白きくらげ・タマゴ

イメージ
デザートなどに良く使う白きくらげ。中国では「不老長寿の薬」ともいわれている
中華茶碗蒸し(蛤蜊蒸蛋=ガゥリーツェンタン)といえば、ハマグリやアサリ、ホタテなどのエキスを出汁に使い、具もシンプルなのが特長です。実はこれらの貝類は、秋のトラブルにいいとされるものばかり! 

さらに今回は秋の薬膳をパワーアップするために、「白きくらげ」も加えてみました。ということで、まずは今回のレシピで使用する「ぷるるん美肌」になるための、ピックアップ食材をご紹介しましょう。


■ハマグリ
お吸い物や焼き物などで食べるハマグリだが、薬膳ではカラダの余分な熱を取り、ノドの渇きをとると同時に、むくみにもいいとされる。痰や咳をとる働きもある。二日酔いにシジミスープが良いと言われるが、同じような効果も。

■白きくらげ
白きくらげはキクラゲ科の菌類で、その色や形から「銀耳」(インアル)と呼ばれ、中国では高級食材として用いられている。滋養作用が高く、肌を潤し、昔から美容食材にも。免疫機能を高めることも最近の研究でわかってきた。

■鶏卵
タマゴはビタミンCと食物繊維以外の栄養素をもち、栄養バランスのいいものだが、薬膳でも肌の乾燥を防いだり、のどの痛みや精神安定にもいいといわれ、働きは多岐にわたる。血液を補い、胎動不安にも。


それでは、次のページで肌を潤す「秋の中華風茶碗蒸しレシピ」をご紹介!