日頃見落としがちな正しい食事のマナーをしっかりと身につけていると、格が上がりますよ!
  • 器を持たずに手を受け皿代わりに食べるのはNG。和食の基本は器を手に持つこと。持ちにくければ、懐紙を受け皿代わりに使ってみては。
  • ふたが開かないお椀を、無理やり開けるのはNG。左手でお椀をしっかりと押さえ、右手でお椀の縁を持ち、軽く内側に押すように。少し隙間ができればスムーズに開くはずです。
  • 遠い位置にある器に箸をのばして取るのはNG。器を両手で持ち上げて近くに寄せてから食べる。また器を近くに寄せるときも引きずらないで、箸を一度置いて必ず両手で持ち上げます。
  • 器は手に持ってOK。お椀、茶碗、丼物、小鉢、小皿は手に持って食べます。しかし大皿や刺身、焼き魚、天ぷらなどが、盛られている皿は置いたまま食べること。
  • 食事後、箸をそのままお盆の上に置くのはNG。箸袋に箸を戻して、袋の端を折っておくのが正しいマナー。
  • 器のふたは、食べ終わったら表裏を逆にして戻すのはNG。器を傷めるもとなのでやめましょう。出てきた時と同じようにふたを戻して下さい。

食べ方編もありますが、私のガイド記事でご覧になってくださいませ。
和食マナー、基礎の基礎Q&A
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。