慣れているつもりのビュッフェスタイルのパーティでも、ついやってしまいがちなマナー違反がいくつかあります。そこで、パーティで美しくエレガントに見せたいあなたに、やって欲しくない7つの振る舞いをお伝えさせて頂きます。
 

1.NGです! お食事優先

立食パーティマナー

慣れているつもりのビュッフェですが…… 

パーティは人と会話をするのがメインのイベントと考えましょう。「一緒に行った人とだけしか話さなかった」「ひとりにも声を掛けないで終わってしまった」では残念です。お食事はある程度になさり、ひとりでも多くの方と会話を楽しんでお帰り下さい。


2.コース料理の順序で


例えお目当てのお料理があったとしても、やはりお食事は オードブル~スープ~メイン~デザート というようにコースの順序でいただくのが正解です。スイーツ大好き女子が、開宴後いきなりケーキを確保…… などはもっての外ですね。 パーティでは品よくエレガントに振舞えるように、多少の我慢も必要です。

 

3.盛り過ぎ以外にも……

お皿に山盛りのお料理、というのはもちろんNGです。そして、もうひとつ気を配っていただきたいのが、お料理の温度です。冷たいオードブルと、温かいお料理を同じプレートに乗せないように。温度の違うものは別のプレートに分けて取られた方が、ご自身もおいしく召し上がれますし、作り手へのマナーでもあります。

 

4.ソーサーの扱い方

食後のデザートとともにいただくコーヒー、紅茶は、ソーサーも持って召し上がって下さい。立食では、テーブルからカップを持ち上げて口元に運ぶまで、着席の場合より距離がありますので、ウエストラインまでソーサーとカップを一緒に持ち上げ、その後カップのみを持ち召し上がった方が上品に見えます。また、ひと口ごとにテーブルに置かなくても、ソーサーに戻しそのまましばらく手で持っていて会話をなさってもOKです。

 

5.すぐに離れましょう


本人は意外と気づかなくても大変迷惑なのが、お料理を取った後、料理テーブルの近くで召し上がっているグループ。他の方々がお料理を取りづらくなるだけでなく、「これを食べ終わったら、次のお料理をすぐ取りに行きます」と言わんばかりで優雅さに欠けてしまいますのでご注意を! お料理を取った後はその場から離れ、ゲスト用テーブルに移動してゆっくりと召し上がりましょう。

 

6.バッグは離さないで!

クラッチや小ぶりのパーティバッグですと、ついついテーブルの上に置いてしまいがちですが、お食事をするテーブルですので、絶対に置かないように。収納できるショルダー用チェーン付きのものですと便利ですね。もちろんお食事が始まる前のお時間でも同様のマナーとなります。

 

7.立つ? 座る?

立食パーティで用意された椅子は、ご高齢の方などのためと認識し、基本的に座らないものとお考え下さい。パーティの最初から最後まで椅子に座ったままで過ごされたり、荷物を置いてキープするなどは絶対にNG。パーティでは、美しい立ち姿を終始キープして振る舞いたいですね。


【編集部からのお知らせ】
お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12(水)から1/21(金)まで、10日連続で配信中!
茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金、マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
1日目2022年12星座の金運総覧! あなたはお金が貯まる体質? 投資がうまい体質?」を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。