幼稚園受験、小学校受験ではほとんど両親面接が実施されます。面接では、ご両親の教育方針やご家庭での様子をしっかりとお伝えすることが大切。それと同時に、第一印象を最上級にしておくことも重要です!

もし入室時の第一印象が思わしくないと……。短い面接時間の中でその印象を覆すのは非常に困難となります。そこで、面接で好印象を与えるためのポイントをお伝えさせていただきます。

 

やっぱり紺?

面接では見た目も重要!

面接では見た目も重要!

スーツのセレクトで悩まれる方も少なくありませんね。面接というシチュエーションでは、やはり控えめなデザインとダークカラーがふさわしいでしょう。また、どうしても紺を選ぶ方が多いようですが、特に紺でなければならないということはありませんので、他のダークカラーになさっても大丈夫です。ただし、志望園・志望校を受けられる方々の例年の傾向は把握し、周囲から浮かないようにすることもマナーです。
 

一歩下がって…… 

いつもの上下関係はさて置き、面接ではお父様から一歩下がった立ち居振る舞いを。入室、退室はお父様につづいて。また、「○○と申します。よろしくお願いいたします」といった挨拶言葉もお父様にお任せしましょう。
 

お辞儀は何回?

「何卒よろしくお願いいたします」という気持ちがこもってしまうと、自然とお辞儀の回数が増えてしまう傾向にあります。しかし、お辞儀は回数が多ければ丁寧というものではありません。ひとつの挨拶言葉に、きちっとしたお辞儀を1回できれば十分。30度のお辞儀、もしくは45度のお辞儀がしっかりできるよう練習しておきましょう。尚、最敬礼と言われている45度を超えてしまう深すぎるお辞儀は、面接の場面にふさわしいとは言えません。

また、いくら綺麗にお辞儀ができても、頭を上げた際に髪がじゃまで直すようでは×。ヘアスタイルも十分考えて臨みましょう。


次のページで、着席~退室までのポイントを確認して下さい。