義実家への帰省、手土産の上手な選び方は?

義実家(夫の実家)への手土産の選び方

十分考えて、喜んで頂ける手みやげをお持ちしたいですね

年末年始の帰省の日程も決まった頃でしょうか。帰省は 、いろいろ気遣うことも多いですね。「何を持って行こうか……」「何と言って渡そうか……」などの疑問を解決し、更に、「さすが!」と言われる、賢く美しい立ち居振る舞いについても触れて参ります。

帰省先の家族構成や、年齢層によっても異なりますが、全員で楽しく召し上がれるものがあれば、場も和みますね。手みやげの選び方とポイント、また、美味しく召し上がって頂けるサーブのコツをお伝えしましょう。

男性にもウケの良い手作りお菓子の手土産

義実家への帰省、手土産の上手な選び方とは?

日持ちするジャムもおすすめです

カリスマパティシエのお菓子や、有名百貨店で購入したものをお持ちするのも良いですが、手作りのお土産は、ご家族としての「心」や「愛情」が伝わります。今回の帰省土産は、ぜひ手作りにトライなさってみては?

■パウンドケーキ
中に入れるものやトッピングは、お好みや年齢に合わせてチョイスしてみて下さい。大人だけなら、ブランデーをたっぷり染み込ませ、甘さを抑えたものも、あなたのセンスと心遣いが感じられます。

■アップルパイ
お子さまはもちろん、ご年配の方や男性にも根強いファンが! 意外にもお義父さまがお好きだったりしませんか? 熱々に温め、横に冷たいアイスクリームを添えると格別ですね。お義父さまやお義母さまがご存じなかったら、ぜひお勧めしてみて下さい。

■ジャム
日持ちの点では定番ですね。お正月が過ぎても美味しく味わって頂けます。

お子さまとご一緒に作られるのはいかがでしょうか? 「ぼくがイチゴのへたを取ったよ!」「わたしがずっとかき混ぜたのよ!」 のかわいい言葉を聞いたら、おじいちゃまもおばあちゃまも更に喜んで下さるでしょう。

次のページは、おせちにも加えられる品と、ラッピングについて