話の記憶とは

話の記憶問題集
小学校入試問題の定番に話の記憶がある
 小学校入試問題の定番として「話の記憶」があります。テープや口頭で先生の話を聞いて、その内容について質問されるものです。話の長さは学校によって異なり、短いものから絵本1冊分に相当する長いものまであるのです。

 実例を挙げてみます。次の文を読んで下さい。

「森の動物たちがかけっこをするのであつまってきました。はじめにウサギさんがやってきました。2番目にゾウさんがきました。そのつぎにネズミさんがきました。最後にライオンさんがやってきて、「キツネさんとパンダさんはお腹をこわしてお家で寝ている」と言いました。

ブタさんが「ようい、どん!」と合図をすると残りの動物たちが走り出し、ウサギさん、ライオンさん、ゾウさんの順にゴールしました。ウサギさんが「ぼくライオンさんに勝てるとは思わなかったよ」と言ったので、みんなが笑いました」

上の文を耳から聞いて質問に答えるわけです。例えばこんな問題です。

■絵を見てかけっこで走らなかった動物に○をつけましょう
■絵を見てかけっこで2番目にゴールした動物に△をつけましょう。

幼児は字が書けないという前提で出題するので、配られた紙の絵を見て印をつけることになります。絵を見ながら話を聞く場合と、絵は回答する時に見る場合があります。上の問題をなんとなく聞いていたのでは、名前の出てきた動物が全て登場したと思いこんでしまったり、ゴールした順番を意識せずに忘れてしまったりします。

この例はかけっこのシーンしかなく問題文として短いもの。場面転換し複数のシーンで異なるエピソードが展開することもあります。ですから何の準備もなしで、この形式の問題にぶっつけ本番で挑むのはかなり無謀です。

話の記憶は子どものどんな能力を試しているのでしょうか?