小学校入試では、どの学校の校長先生も一様に「子どもらしい子ども」を欲していると言う。では、「子どもらしい子どもと」はどんな子どもなのだろうか。

子どもらしくない子どもとは

子ども達
「子どもらしい子ども」とはいったい何を指すのだろうか?
「子どもらしい子ども」を知るために、「子どもらしくない子ども」について考えてみよう。

大人が子どもらしくないと感じるのは次のような時だ。

・妙に遠慮がち
・言動が大人びている
・大人の顔色をうかがう
・陰ひなたがある
・表情が硬い
・他の子を見下している

こんな子どもが増えているのは確か。これらの対極にあるのが「子どもらしい子ども」ということになる。

子どもらしい=素直

「子どもらしい子ども」を一言で表すと、「表裏がなく素直な子ども」ということ。家の中でも外でも態度が変わらず、誰に接しても振る舞いを変えない子ども。いわゆる「いい子」とは少し異なる。

ひょうきんでおかしなことをしても、誰に対してもそうであれば素直な子どもということだ。作り笑いをしたりせず、心と顔が一致しているということ。

小学校受験に際して行動観察で訓練が必要ということは、これまで心と態度が一致するように育ってこなかったということだ。あるいは受験のお勉強をしているうちに、素直さを壊してしまったのかも知れない。

目をキラキラ輝かせ笑顔が素敵な子どもは、訓練では生まれない。そんな子どもが知的な能力を持ったら、「オーラのある子」になるだろう。どこの学校にも受かってしまう、そんな親子は確かに存在する。

素直な子どもに育てる

では、素直な子に育てるにはどうしたら良いだろうか。突然犬の話しを持ち出して恐縮だが権勢症候群(アルファシンドローム)という言葉をご存じだろうか。一見飼い主の言うことを聞かなくて困らせる行動をとる犬のことだ(権勢症候群というものは存在しないという主張もあるが、ここではその議論はしない)。

犬が飼い主よりも優位に立っていると勘違いして起こると言われているが、実はそう見える行為を飼い主が喜ぶと思ってやっているのだろう。あくまで犬は飼い主に忠実なのだから。

人の子どもでも好き勝手にさせていれば、手に負えないことをするようになり、きつく叱らなくてはならなくなってしまう。圧倒的な体力差がある親の権威に従わせるわけだ。これでは親の顔色を伺う子どもになっても仕方がない。

だからといって、親が最初から先に立って手を引っ張っていっては子どもの自主性が育たない。危険なところでは親が先に立ち、安全と思えば少し前を行かせ、子どもが好奇心を働かせ何かを見つけたら脇に立って一緒に感動してあげる。そんな子育てが理想だと考える。

叱る時は特に注意する。同じ行為をある時は叱り、ある時は見逃すなどのダブルスタンダードにならないように注意する。そして子どもと同じ目の高さに下りて、その行為を叱り子どもの存在を否定したりしない(「だからあなたはダメなのよ」「あなたなんか生まなきゃきょかった」など)。叱った後に「あなたを好きよ」というメッセージをしっかり伝える(「分かってくれてありがとう」と抱きしめる)ことが大切なのです。

次は「子どもの夢を摘み取らない」です。