ご自宅にお招きしたお客様には、ゆっくり寛いでお茶やお菓子を愉しんでいただきたいですね。お越し下さったお客様に、居心地良く感じてもらえるため、お茶やお菓子のサーブの仕方をお伝えします。

お茶とお菓子をお出しする順序と位置

スプーンはソーサーの手前か右側へ

スプーンはソーサーの手前か右側へ

和菓子も洋菓子も、お菓子が先でその後にお茶やコーヒー、紅茶をお出しします。

その際の注意点は以下のとおりです。

■お客様の正面にお菓子
ようじを使ったり、フォークを使ったり、とお客様が一番召し上がりやすい位置へ置く形となります。

■お客様の右側にお茶

基本的に左手を添え、右手で飲んでいただくためです。

■お茶だけの場合は中央か右側
お菓子をお出せず飲み物だけの場合は、中央もしくは右側に置きましょう。なお、会話の際にご覧になる資料や品物がある場合には、邪魔にならないように右側に置いた方がよいですね。


日本茶の場合

■湯呑みと茶托はセットにしない
湯呑みと茶托はセットせずにお盆にのせて運びます。お出しする直前にセットしましょう。

■湯呑みは絵柄の位置を確認
一部に柄が描かれている湯呑みは、そちらをお客様の正面にくるようにサーブします。

■木目も確認
木目がある茶托の場合は、木目の線が、お客様から見て横になるようにします。

■お出しするときは両手で
両手でお出しするのがマナーです。


カップ&ソーサーの場合

最近では、飲む前にわざわざカップを回さなくてもいいように、初めからカップの持ち手を右側にセットするやり方が主流になっています。もちろん、左と右、どちら共にOKです。

シュガーやミルク、スプーンの位置は、お客様が使いやすいようにソーサーの手前、もしくは右側にセットします。
最近は初めからカップの持ち手を右側にセットするやり方が主流のようです

最近は初めからカップの持ち手を右側にセットするやり方が主流のようです



サイドテーブルがある場合、ない場合

お盆は一旦サイドテーブルに置き、そちらで湯呑みと茶托、カップとソーサーをセットしてください。サイドテーブルがない場合は、テーブルの下座側に一旦置きます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。