包み方、渡し方のマナーを学んで、風呂敷を粋に使いこなす

包み方だけでなく、渡し方のマナーも解説します

包み方だけでなく、渡し方のマナーも解説します

なかなか普段使いのチャンスがない風呂敷ですが、お中元やお歳暮などのちょっぴり改まったご挨拶時や和服をお召しになった際は、風呂敷を粋に使いこなしてみたいですね。

素敵な物を見つけても、「どうせ使わないし……」とお買いになっていなかった方。また、購入したものの、未だ引き出しの中で眠らせてしまっている方。ぜひ、この機会に「大人の女性」として風呂敷を使ってみませんか?


風呂敷の包み方の基本 「平包み」

最も基本的な包み方です。結ばずに包むので簡単、かつお渡しする際もスムースですので、おすすめです。

■平包みの手順

品物の上部が左側になるように

品物の上部が左側になるように

1:風呂敷の対角線上中央に品物を置きます。その際、品物の上部が左側になるようにセットします。

 

このひと手間が大切

このひと手間が大切

2:一旦、風呂敷の上部をかぶせてみて、包み終わった際に一番綺麗に柄が来るよう品物の位置を微調整しておきましょう。

 

余った部分は箱の下へ

余った部分は箱の下へ

3:位置が決まったら、手前から包み始めます。余った部分は箱の下へ織り込みます。

 

完成

完成

4:次に左側、そして右側の順に被せ、最後に向こう側から被せ、余った部分は下に織り込んで完成。

 

「お使い包み」は真結びで華やかに

お使い包みは、平包みと同様に非常にポピュラーな包み方です。「真結び」で華やかに仕上げましょう。ただし、改まった贈答の際は結び目はつくらず平包みにします。特に結婚祝いのお品を包む際はNGです。「結び目をほどく」ということで縁起が悪く嫌われますのでご注意を!

■お使い包みの手順

お使い包みの例

お使い包みの例

1:品物を風呂敷の対角線上の中央に置きます。その際、品物の上部が左側に来るように。
2:手前側、向こう側の順に被せます。
3:左側と右側を持ち上げ、真結びをします。






■真結びの手順

左右どちらの結び目が下になってもOK

左右どちらの結び目が下になってもOK

1:左右を交差させて結び、結び目より手前にある方を真横に折り(1)、
2:奥にある方を上からかぶせ(2)、穴に通して左右にひっぱります。







結び目が縦になる「縦結び」はゆるみやすく、きつく結んでしまうとほどきにくい結び方です。また、見た目にも美しくありません。右利きの方、左利きの方など結び方は様々ですが、仕上がりが華やかで美しい「真結び」をぜひマスターしましょう。

次のページでは、渡し方のコツと風呂敷の選び方を紹介します。